夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

DVDに夢中

今とっても後悔しているのが、kskにしまじろうとアンパンマンのDVDを観せてしまったこと。

しまじろうは、こどもちゃれんじの付録として付いて来たDVDを、kskがえらく気に入っていたので、市販している「うたはともだち」シリーズのDVDを購入。アンパンマンは、たまたまオモチャ屋さんで流れていた、「アンパンマン体操」にkskが大興奮していたので、後日そのDVDのシリーズを買ったのでした。

kskはしまじろうとアンパンマンは大のお気に入りで、絵本でもぬいぐるみでも、この2つのキャラ系のものなら、何でも好きみたい。それはそれでいいのですが、最近では保育園から帰宅するや否や、「DVD観せて~っ。」とせがむのです。このせがみ方が凄い。「アンパンマン、アンパンマン。」とつぶやきながら、TV台からDVDを引っ張り出し、私のところに持って来て、また「アンパンマン、アンパンマンっ(しまじろうでも何故かアンパンマン)。」と大声でPR。私がDVDをセットしようとしなければ、大泣きしてごり押しするか、時には自らDVDを持って、プレイヤーのOPENボタンを自分で押して、DVD盤をのせようとしたり、TVのリモコンを探して、何とかかからないかスイッチをあちこち触ったり。とにかくすごい執念。1回観て満足してくれれば、観せ惜しみはしないのですが、とにかく何回でも観たがるもんできりがない。小さいうちは特に、TVを観せること自体手放しでは賛成していないし、眼や健康にも良くないもんね。しまじろうだってDVDの冒頭で、「テレビは離れて観ましょうね~っ。」と歌っているよ~。kskがここまで観たがるとわかっていたら、DVD買わなかったかも。

今は、人に迷惑をかけること以外であれば、好きなことは自由にさせてやりたいのですが、こればっかりは我慢させないといかないにゃ~。

写真:しまじろう鑑賞中。何故か立ち見。

c0214449_022312.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 00:23 | 育児
以前勤めていた会社の元同僚さんたちと食事に行きました。kskのお迎えに配慮して、私の会社のすぐ前のビルにあるレストランで、18:00開始という無茶な設定に、快く合わせて下さったのでした。

このお2人、私より少しだけ先輩なのですが、とにかく美しい~。生まれ持って備えている顔のつくりや体型が良いのはもちろん、センスの良い髪型、お化粧、お洋服もステキで、雑誌の「VERY」や「STORY」からそのまま飛び出して来たみたい。我々くらいの年齢になって来ると、体型もどんどん崩れ、髪の毛なんかもパサパサして来て、お肌なんかもお化粧ではカバー出来ない「老い」を感じさせるもんですが、そういったものを一切感じさせないのもお見事。自分も人からそんな風に思われたいなぁと思うものの、なかなかこうは行かないだろうにゃぁ~。そして話の中心はもっぱらおしゃれ系。最近まつ毛のエクステを始めたとか、週に何回ジムに行くかとか、大阪と東京ではおしゃれ度が全く違うとか。皆なあまり若くはないからこそ、こんな話がとても重要。美しさを保つには、やっぱりたゆまぬ努力が必要なのね。

そう言えば、最近同年代の女子と話をする機会がめっきり少ない。会社には同世代の女の人が殆どいないし、外で話すのはもっぱら子供ネタ。久しぶりのガールズトークっだったので、なんだかとてもウキウキしてしまいました。息子よ、君のために美しいママを目指すため、たまにはこんな時間を過ごすのも許してね。

写真:手作りベーグル、GATEAU FESTA HARADAのラスク、チョコレート。頂いたり買って来てもらったり。おやつタイムが楽しみです。
c0214449_18471.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-05 01:08 | 生活
kskが生まれてから、お料理の食材に対する目が厳しくなった。
もともと、お料理の際には「質の良い食材を使い、なるべく薄味」が自分なりの料理のコンセプトで、出来る限り油や塩分、糖分を取らず、食材の味の良さが引き立つ調理方法を心がけており、特にここ2年程はなんちゃってベジタリアン。お肉とお魚は殆ど食べず、たんぱく質はもっぱら豆類で補充の食生活を送っております。kskが離乳食を食べる様になってからは、これまで以上に、産地や栽培方法なんかが気になっているのです。なもんで、「産地直送」や「有機栽培」等の言葉にはめっきり弱くなっています。文化の日でお休みだった今朝は、新鮮で安全な食材を求め、大阪市内の公園で開かれている朝市、大阪マルシェ「ほんまもん」に行って来ました。

今回の開催場所は、天満橋の八軒家浜。土佐堀川の川べりに10軒程のお店が並んでいました。一軒一軒のお店は悪くなかったのですが、とにかくお店が少ない。それに「マルシェ」というにはちょっと無理がある感じ。もうちょっとおしゃれな店構えを想像していたのになぁ。結局、ここだけでは必要な食材が揃わず、そのままCOSTOCOに寄って不足な材料を買い込んだのでした。kskは試食で頂いたみかんをちゅうちゅうと食べたり、葉っぱのついたニンジンを振り回したりで、なんだかんだ結構楽しそうだったのでまぁいいとしようか。

ちなみに、帰宅後作った今週の晩ご飯のストックは次のメニュー(将来彼が、1歳2ヶ月の時に自分が食べていたものを読み返せる様に記録しておきます)。kskも食べれる様、全て味が薄めでやわらかめ。コレをkskサイズにしてからお皿に盛ります。最近はスプーンや手づかみでほぼ自力で食べてくれるので、随分楽になりました。しかしこの食べ方が激しいもんで、後片付けのお掃除が大変です。

◆ビーフストロガノフ
◆マッシュポテト
◆コールスロー
◆カボチャのデパ地下風サラダ
◆キッシュ
◆野菜シチュー
◆おでん
◆豆腐大根葉チャンブルー

写真:しめじ、ほうれん草、たまねぎのキッシュ。ksk様はプチカップです。

c0214449_0274095.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-03 23:11 | おいしいもの

初めてのふて寝

いやいやびっくりしました。
夕方、延長保育の預かり時間ぎりぎりの19:00直前に保育園に到着。お迎えが遅くなると、kskのご機嫌が悪くなるもんで、あわててお部屋に飛び込むと、いつもと違う様子。先生にへばりついていることの多い彼が、何やらおともだちと楽しそうにしているではないの。まだ同年代の赤ちゃんや子供ちゃんに興味を示すには早く、時々「おうっ、おうっ。」と意味不明の声をかけたり、少しじゃれたりする程度だったので、おともだちと3人で固まって、ハイタッチをしていたので、かなりびっくり。「へぇ~、息子よ、君もいよいよおともだちがわかる様になって来たのか。」と妙に感心してしまった。

あまりに楽しそうにしていたので、引き離して連れて帰るのが何だかかわいそうに思っていたら、抱っこした途端、烈火のごとくの大泣き。いつもは「ママと一緒に帰るの嬉しい」オーラが一杯なので、何ごとかと思ったら、もっとおともだちと一緒に遊びたかったみたい。といっても、ずっと帰らないわけにもいかないもんで、何とかオーバーを着せ、靴下と靴を履かせ、帽子もかぶらせて、何とか自転車まで連れて行ったものの、泣きながら座椅子を蹴飛ばすので、座らせることが出来ない。嫌がる息子と、座らせようとする母で格闘すること15分。やっとのことで座らせて、ベルトを着装したものの、暴れまくる彼を乗せたまま自転車をこぐのは無理なので、彼を押さえ込み、押しながら何とか家にたどり着いたのでした。

家に帰ってからも泣き止まず、困った困った困った。抱きしめても、ちゅ~しても、いやいやするので、最終手段で「アンパンマン体操のDVD」をみせると、やっと泣きやんでくれました。しばらく抱っこしたままビデオを観ていたら、機嫌も直った様子。その間にご飯の用意をしようと少しその場を離れて戻って来たら、泣き疲れて眠ってしまってるでないか。ご飯も食べずにふて寝するほど、おともだちともっと遊びたかったのね。

保育園の先生は、「おともだちをちゃんと認識するにはまだ早いんですけどねぇ。」とおっしゃっていたものの、顔なじみのお母さんは、「うちの上の子も、おともだちとまだまだ遊びたくて、お迎えの時にしょっちゅう泣いてましたよ~。」とのこと。しかし、これまでkskはどちらかというと、保育園に行くのを嫌がっている風だったので、大泣きして、ふて寝するくらい、おともだちと保育園を楽しんでいるというのは、それはそれで良かった気がする。ただ、毎日これをやられると、母は身がもたないよぉ。

写真:kskふて寝中。

c0214449_2121890.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-02 21:33 | 育児