夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ご機嫌ななめ

昨晩からksk機嫌悪し。
今朝も保育園に行くのをいやいやして、到着後も大泣き。お迎え係のお当番がちょうど担任の先生だったのに、抱っこされるのもいやいや。「ママ、マンマァ~っ。」と体一杯で行かないでと表現。こちらも身がきられる思い。保育園もそこそこ楽しんでいる様子なのに、体調が悪かったりすると、いまだに泣いてすがりつく。こんな時は、ママも本当に辛いのよ。

お迎えに行った時は、うって変わってとてもご機嫌。お友達とハイタッチしてバイバイ。保育園では1日楽しく過ごした様子。なのに家に帰ってからは少しでも離れるのを嫌がり、食事中以外はほぼ抱っこちゃん状態。どうしちゃったのかな?仕事をして帰って、家では10kgの息子を抱っこしてうろうろ。さすがにかなり疲れました。

写真:食事はまだ手づかみがいいみたい。
c0214449_2256219.jpg

写真:大好きなベビーダノンのヨーグルト♪スプーンもちゃんと使えるよ。
c0214449_2257557.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-17 23:10 | 育児

お靴が脱げたよ。

何でも自分でやりたがるチャレンジャーなksk。
保育園から帰るなり、今度は自分で靴を脱ぎだした。どうやって覚えたのか、ちゃんと靴のマジックテープを引っ張って固定部分をはずし、両手を上手に使ってまず右の靴をスルッと脱いでしまった。同じ要領で左の靴もアッという間に脱いでしまった。あまりの手際よさにあっけにとられていたら、今度は靴下もちゃんと脱ぐではないの。靴下を脱ぐ姿は時々眼にしていたものの、玄関で部屋に入る前に、自分で靴を脱いだのは初めて。順番からすると、お洋服を脱げる様になるのが先だと思っていたもんで、まさかの変化球にビックリ。知らない間に色んなことを学んでいるのね。

話は変わって、午前中は滋賀県の米原へ出張した。午後からの会議に間に合うために、昼食は駅弁を買ってJRの新快速の中で食べた。勿論ひとりで食べる勇気はないけど、総勢5名だったので、なんだか遠足気分。4人がけの席を一緒に囲んだお2人も、それぞれ0歳児さんと1歳児さんのひとり息子のパパさん。自称育メン(注:育児に協力的な旦那さんをこう呼ぶらしい)のお2人と、仕事の話はそっちのけで育児談義で盛り上がり、1時間40分の道のりがあっという間に感じた。天才児教育の面白い話なんかも聞いたので、またそのうち紹介しようと思います。

写真:栗おこわの駅弁1100円なり。冷え冷えだったので、味はもうひとつでした。


c0214449_22394011.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-16 22:20 | 育児
ksk、先週は風邪ひきで水曜日から保育園をお休みしとりましたが、やっと元気になりました。まだまだ病み上がりなので、週末はおうちで過ごしたのですが、元気になったからお外に出たくてたまらない様子。ずっと体調が悪かったから、気持ちも何だか不安定みたい。すぐに「抱っこしてぇ~。」とやって来るので、用事がなかなか進まず。でも、何はともあれ良くなって安心しました。しかし、今週末は大阪が他に先駆け、幼児向けに新型インフルエンザの予防接種を開始したのに、kskは受けることが出来ず。残念なり。次にワクチンが入るまで待たなきゃなりません。

c0214449_2337083.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-15 23:37 | 育児
異業種交流研究会で埼玉県の熊谷市に行って来た。
私に限らず関西人にとって埼玉県というのは、恐らくあまりゆかりがない。東京、横浜や鎌倉のある神奈川、そしてディズニーランドや幕張メッセ、成田空港のある千葉くらいまでは行ったことのある人はそこそこいても、埼玉へ行ったことのある人は、案外珍しいかもしれない。そういう私も、ほぼ初めてと言っても良い訪問。そう言えば山陽・東海道以外の新幹線にも初めて乗った。上越新幹線の名前は「Maxたにがわ」と「Maxとき」というのも、お恥ずかしながら初めて知った。

研究会では、テーマ毎にグループに分かれて課題研究を行い、7ヶ月間1クールで、グループの最終の発表を行うことになっている。今回のグループでの調整に、この道の第一人者とも言える幹事役の方が入って下さり、色々アドバイスをもらった。この中でとても心に残る言葉があったので書き留めておくことにする。

「知識」を「知恵」に変えていく。

この意味するところは、「知識」というのは、実践してみないと「知恵」には変って行かない、つまり研究会の場で得た知識を、職場に戻って実践に繋げてこそ、初めて自社が抱えている課題へ対応する知恵が出てくるということを心がけて下さいということでした。

自分を振り返ってみると、「コレ、いいなぁ。」と思う知識を、上手く実践に繋げているかというと、かなり消化不良の状況。何だかんだ読んだり聞いたりするだけで、とりあえず満足してしまっていることが多い。もう少し知識を自分の仕事にカスタマイズし、知恵を増やして行くことを意識したいなと思っとります。

写真:熊谷の駅前にあるラグビー坊やの像。

c0214449_2316929.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-14 23:16 | 仕事

またお熱です。

ksk、一昨日からまたお熱を出しています。
火曜日の夕方、保育園へお迎えに行くと、先生に「kちゃん、夕方から37.8℃のお熱です。食欲もあって元気なんですけどねぇ。」と言われました。お家に帰ってからも、食欲モリモリで元気一杯に家中を駆け回っているので、「明日は大丈夫かなぁ。」と希望的観測をしていたら、水曜日の朝お熱をはかったら、なんと39℃近く。ちっともしんどそうな様子はないものの、体も熱いので、保育園はお休みさせることに。しかし困った。水曜日は会社を休めそうになかったので、朝早くだったけど実家に電話、お願いして母に来てもらうことになりました。パパさんが、フレックスで午後からの出社し、午前中にkskを小児科に連れて行ってくれました。今年2度目のインフルエンザ検査で単なる風邪と言うこともわかり、一安心。母には1泊してもらい、kskは木曜日も保育園はお休み。お熱は39℃前後というのに、この日も大好きなアンパンマンのDVDを観ながら、激しくダンスしたり、おばあちゃんと楽しく、元気一杯に過ごしたとのことでした。

それにしても、保育園に行っては病気をもらって帰り、治って登園しては、また病気をもらって来ての繰り返し。一般的には、2歳になるまでは、ずっとこんな調子らしい。ksk本人が1番大変だけど、急な病気の時は、なかなか大変だにゃぁ~。

写真:今夕、仕事の外出先で遭遇した「熱さまシートの坊や」。kskがお熱の時はいつも、この「熱さまシート」を額・首の後ろ・わきの下・足の付け根にぺたぺた。

c0214449_23272173.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-12 23:31 | 生活

新曲披露

kskは歌が好き。
しまじろうの歌がうたえるのは以前のエントリーでも書いたけど、いつもご機嫌さんの時には「あっ、うぉ~、おっおっ♪」と、何やら自作の歌をよく歌う。「どこからこんなメロディが出てくるのかなぁ~?」と、不思議でまた微笑ましく感じています。今晩も「うおっ、うおっ、あっ、あっ、えっ、いえっ、うあぁ~♪」と太鼓を叩きながら機嫌よく歌っているなと思っていたら、コレってどこかで聴き覚えのあるメロディではないの。そう、確かに「きらきら星(ABCの歌)」なのです。最初の部分だけなのですが、何度か繰り返し歌ってくれました。息子よ、相変わらず君には驚かされるよ。パパとママが「凄いっ、凄いっ。」とほめまくっていると、益々喜んで歌ってくれました。

話は変わって、保育園のお話。kskの通う保育園では、季節ごとにイベントを準備(最近は新型インフルエンザの影響で、イベントがことごとく中止になっていますが)してくれます。夕方kskをお迎えに行くと、マザーズバッグの中に七五三のお祝いの千歳飴の袋が入っていました。もちろん保育園からのプレゼント。先生方の心遣いですが、とっても嬉しい。家に帰って早速中を開けてみると、アンパンマンのクッキーやラムネ等のお菓子が沢山入っていました。kskは目ざとくアンパンマンクッキーを発見し。「ど~ぞ。」「ど~ぞ。」と言いながら他のお菓子を私に手渡ししてくれ、アンパンマンだけは、自分でしっかり確保。袋を差し出して開けて開けてをするので、根負けして食べさせてしまった。そこまでアンパンマンが好きなのね。

c0214449_2343993.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 23:15 | 育児

双龍居

会社の決起大会で中華料理を食べに行った。
日本一長い天神橋商店街のメインストリートをちょっと横道に入った所にある「双龍居」。多くの雑誌やグルメブロガーさんに大絶賛されている有名店。北京出身の愉快な親父さんが作る、中国で食べる中華料理の味のマーボー豆腐や炒飯が絶品。このお店、時々利用するので親父さんとは顔見知り。いつも「ヨクキタネ~。イツモアリガト~ネ~。」と温かく迎えてくれる。一緒に行ったのは総勢11名。お料理が美味しいのと、味の辛い系が多かったので、皆な大汗をかきながら、食べて・飲んで・食べて、大いに盛り上がりました。

場所的にはちょっと不便でディープな感じなのですが、美味しくて安くて、1度訪れると、また必ず行きたくなるお店です。

お店情報:
双龍居
大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1F

c0214449_238106.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 22:24 | おいしいもの

熱いっ。

最近は、kskが自力でご飯を食べれる様になって来た。まだスプーンやフォークを上手く使えないので、殆ど手づかみ状態で、食べているうちにご飯やおかずまみれになっているし、お皿なんかもひっくり返したりもするから、後片付けが大変。でも自分で食べることに満足している様子だし、自主性は大事にしてやりたいので、好きな様に食べさせるつもり。今晩も、kskを真ん中にして、親子3人並んでご飯を食べました。

食べだしてしばらくすると、kskから「おうっ、おうっ。」と何やら指示が入った。どうもミネストローネに入っているマカロニがもっと欲しいということらしい。ハロウィーン用に購入していた「クモ」や「魔女」や「カボチャ」の形をしたマカロニの触感が気に入った様子。はげしく催促するので、まだ熱いかなと思いながらも、追加のマカロニを入れてあげると、kskはとても嬉しそうにお皿に手を伸ばしました。するとナント、「あついっ。」と言って手を引っ込めるではないの。これまでのおしゃべりは名詞ばかりだったので、初の形容詞。その後も「あついっ。」と言いながら、マカロニを美味しそうに食べとりました。いやいや、驚いた。

最近は、何かにつけて「アンパンマン」とつぶやき、単語が増えないなぁ~っと、思っていたのですが、言葉に出なくても、きっと色んなことを考えているのね。次は食事中に「おいしいっ。」なんて言ってくれたら、ママはお料理をするのが、もっともっと楽しくなるゾ。

写真:kskのおやつ用に作ったおからマフィン。「おいしいっ。」は出るか?

c0214449_0463426.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 00:48 | 育児

結婚式に出席

結婚式に出席して来ました。お仕事の関係でお取引先の結婚式にご招待頂いたのは、初めてのこと。何だか自分も歳をとったなぁ~としみじみ感じてしまった。

披露宴が行われたのは、とある地方都市で新郎さんの故郷とのこと。普段はあまりゆかりのない場所で、学生時代の旅行以来、ひさかたぶりの訪問でした。地方の式というと、かなり派手なイメージがあったのですが、予想通り招待客が100名を超える大披露宴。お色直しも3回で、なかなか華やかなパーティーでした。

驚いたのは新郎側の主賓さんの挨拶。「人と人との出会いというのは奇跡的な確率でおこるもので、この地に生まれた新郎さんが、新婦さんとめぐり合えるなんて、奇跡に近いこと、、、うんぬん、、、うんぬん。」と、とても感動するお話だったのですが、何か聞いたことあるぞ、この話。松嶋奈々子と堤真一の10年ほど前のTVドラマ「やまとなでしこ」で、堤真一演じる欧介さんがボストンのご学友の結婚式で贈ったスピーチとほぼ同じでないの。まぁ、いいか。私も感動したのには間違いないから。

お仕事のつながりということで、正直新婦さんの生い立ちとか人柄とか、あまり詳しくしらなかったのですが、とても素晴らしいご家族の中で育ったこと、そしてとても強い家族の絆で結ばれていることを初めて知り、何だかとても温かい気持ちにさせてもらいました。

それにしても、kskがどんなに早く結婚してくれても、その頃私は既にアラ還。下手するとアラ古希、アラ喜寿?なんとか私がアラ古希世代になるまでに、一緒にいて幸せでいられる人を見付け、新しい家族を作って欲しいものです。成長して巣立っていくkskのことを考えると、かなり淋しいけどね。

写真:会場のイルミネーション

c0214449_0495933.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-08 00:50 | 生活

やっちゃいました。

夕方保育園にkskをお迎えに行った際、担任の先生と少しお話した。
いつも朝はバタバタで、先生とゆっくりと話の出来る余裕がはないし、夕方はいつも延長保育なので、担任の先生と顔を合わせること自体あんまりない。なので、意外と普段は担任の先生方(4名)と、必要以上のことを話す機会がないのです。

先生の話によると、kskは保育園でもやんちゃぶりを発揮しているらしい。保育園の大型ベビーカーに乗せてもらうと、お外に行けるとわかり、体一杯で喜びを表現したり、公園にお散歩へ行けば、大型遊具や大きな階段を登ろうとしたり、滑り台を滑ったり、自分でグングン何でも挑戦。部屋中の引き出しを全部開けようとしたり。先生方は大変なはずなのに、「元気に保育園を楽しんでくれて、こちらも嬉しいですよ。」と言って下さった。毎日の連絡帳には、その日kskがどの様に過ごしたかを書いて頂いているのですが、直接先生のお話を伺うと、凄く安心出来るものですね。

それにしても、家での彼を見ていると、やんちゃが過ぎて心配になることも。先日もオモチャの木製トンカチで、リビングのドアのガラス部分を何度も叩き、とうとうひびを入れちゃいました。トホホ。あまりに元気の度が過ぎて、保育園で器物破損なんてことにならないといいのですが。

写真:見事にひびが入りました。

c0214449_22272911.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 22:31 | 育児