夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

マザーズバッグ

kskと外出する時は、自分用のカバンと併せてkskグッズを詰め込んだ、いわゆる『マザーズバッグ』を持参する。オムツの替えやお尻拭き類、レトルト離乳食やスプーンにエプロン類、ミルク道具一式、おやつに着替えに小さいおもちゃ等々、まだまだ荷物が多い。

この『マザーズバッグ』、kskがまだお腹の中にいた時から、「どんなのにしよう~?」と、選ぶのに気合が入っていたもんですが、意外となり行きで使っている物ばかり。ということで、ちょっとご紹介。

第1号(Skip Hop)
c0214449_035936.jpgアメリカ製。ベビーカーに直接装着出来る優れもの。実はこのバックのみ殆ど使っていない。というかほぼ新品。出産前に購入したのですが、育児雑誌で一目ぼれし、アメリカの友人にわざわざ送ってもらった一品なのにも関わらずなのです。パパさんと共用出来そうなデザインだったし、これでも使うのが楽しみだったのに。少しサイズが小さかったのと、kskとのお出かけは車が多いので、ベビーカーに装着出来ることにあまり重要性を感じなかったというのが理由かな。

第2号(Cath Kidston/キャス・キッドソン)
c0214449_052171.jpgこれも出産前に購入したバッグ。マザーズバッグにキャス・キッドソンを使っている人は多い様ですが、ビニールコーティングで汚れにくく、濡れても大丈夫で、頑丈なのと、何より『赤ちゃんとお出かけ』というのが、なんとなく花柄に代表されるイギリスのクラシカルな柄のホンワリしたイメージに合うのかな。私もそんなひとりです(笑)これは本当に良く使っていますが、肩にかけられないので、ベビーカー専用です。

第3号(DEAN & DELUCA/ディーン・アンド・デルカ)
c0214449_053645.jpgアメリカにいた頃、ニューヨークの高級スーパーであるこのお店には憧れていましたが(我が街にはなかった)、帰国してから東京で買ったもの。今は通販でも替えるみたい。ちなみに色違いで黒も持っとります。こちらはマザースバッグにするつもりで購入したわけではなく、本来の用途であるショッピングバッグとして使っていたのですが、とにかく頑丈で量も入るしかなり重宝しています。

第4号(ファミリア)
c0214449_0521451.jpgkskの保育園バッグに使っているファミリア。実はノベルティーグッズ。これがまた優れ物で肩にもかけられるし、縦長なので登園の時の自転車のかごに入れやすいのです。側面に『famiちゃん(シロクマ)』がこっそり付いているのがかわいい。このバッグにファミリアのお名前タグ(kskの名前入り)を着けて愛用しています。

第5号(アバクロンビー&フィッチ/Abercrombie & Fitch)
c0214449_054764.jpgこちらもアメリカブランドですが、パパさんが何故かイギリス出張のお土産に買って来てくれた物。最近1番ヘビーに使っているのがコレです。パパさんとも兼用出来るデザインでなかなかお気に入りなのですが、何故か袋の中がニオう。ここのブランドのアメリカのお店の中のあの香水の匂い。何のサービスかわからんが、早く香りが消えて欲しいと願っとります。

こうして並べてみると、第4号さん以外はみんな海外ブランドではないの。確かマザーズバッグは英語では"diaper bag(オムツカバン)"。kskのオムツが取れる頃には荷物も減るのかな。嬉しいような、淋しいような。
[PR]
by kskmama | 2009-10-11 01:13 | 子供用品

ダンスダンス

kskとテレビ局に遊びに行ったのに、建物に入る前に『ダンスダンスレボリューション』(こんな名前でしたよね?)を発見。まだヨチヨチ歩きのはずなのに、凄いスピードで音のする方向に突進して行き、踊り出しました。

保育園でも「kちゃんは音楽が大好きですね。」と良く言われるのですが、母はクラッシックを好きになって欲しいなぁ。出来れば。

この『ダンスダンスレボリューション』、お金は入れなくても音楽だけは流れているもんで、kskはジョン・トラボルタさながらに(古過ぎるか)、舞台でお尻ふりふりダンスをしとりました。隣の広場の階段に座っていた高校生のグループが踊り狂う赤ちゃんに気付いて大笑いしてたよ~。

c0214449_02212.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-11 00:01 | お気に入り
kskが生まれてから、肩が痛いのが酷くなった。
もともと、腰の方が酷かったのに、最近は夕方にもなると肩が痛くて痛くて。
ここ1週間も気持ち悪くなる位に痛ダルかったものの、仕事の後もkskの保育園のお迎えがあるから、土曜日まで我慢していた訳です。

ということで朝から馴染みの整形外科に行って来たのですが、昨日職場で「肩が痛くて気持ち悪い~っ。」とボソッとアピールしていたところ、同じグループの男子通称マロが即効性のある痛み止めの方法を教えてくれた。

肘の関節から肩に向かって指を4本並べ、その4本目の辺りに押すと痛い部分がるので、そのツボを押すだけ。両腕やるのがミソなのだそう。聞いた時は、「こんなことで楽になるくらいの痛さだったら、この1週間そんなに苦しまないよ~。」と心の中で思ったものの、ナント、ウソみたいに効きました。魔法にかかった?マロよ、本当に有難う。痛みは随分取れたものの、一時的な効果なもんで(マロも「ちゃんと病院に行って直して下さいね。」と言ってました)、ちゃんと整形外科に行って来たのです。肩に注射を打ってもらい、少し楽になったけど、やっぱり痛い。どうしたものか。

しかしやっと週末というのに、kskも鼻水ズルズルでほっぺが真っ赤っかだっだので、パパさんが耳鼻科に連れて行ってくれました。少し夏風邪気味だそうで、お薬ももらったものの、結局一日お熱も出ず、元気に過ごすことが出来ました。

平日は一日の殆どを保育園で過ごすksk、小さいなりにそれが結構負担になっている様子。しょっちゅう体調を崩すのも、精神的なことも理由のひとつの様な気がします。その分一緒に居れる時は、彼が甘えたい時にはとことん甘えさせているつもりなのですが。何とかしなくちゃいけませんね。ちっちゃいのに負担をかけてゴメンネ、ksk。
[PR]
by kskmama | 2009-10-10 22:54 | 生活

自転車登園

息子の保育園には幾つか規則がある。そのひとつが「ベビーカー登園禁止」。
要は送りに来た保護者が、出勤前だから等の理由でベビーカーを置いて行ってはならないということなのです。

我が家から保育園は徒歩5分程。登園路もマンションの敷地内なので、送迎が苦になるほどの距離ではないのだけど、まだ一人でスタスタとは歩けない息子を連れてとなると、なかなか大変なのです。これまでは首からスリングでぶら下げて登下園していたものの、体重が10キロにもなると、だんだん苦痛になって来たもんで、1歳を目前にして8月にとうとう自転車デビューを果たしたのでした。

正直なところ、自分がママちゃりに子供を乗せてこぐ日が来るなんて思ってもみなかった。世間のお母さんは、あんな格好でそこまで頑張らなくても、抱っこしたり、ベビーカーに乗せたり、手をつないで歩けばいいじゃないと思っていたのですが、皆なが皆な好きで自転車に乗っている訳ではないことに気付きました。とにかく自転車に乗せると楽なもんで、中には仕方なく自転車という人もいるんだろうな。

しかし、いざ息子と自転車の2人乗りを始めると、と「こんな格好をしてまで子育てに懸命な自分って、案外カッコイイ~。」なんて思う様になった。そう、世間の頑張っているお母さんたちは、本当は偉いんです。そして凄いんです。カッコイイのです。

私と息子の愛車は、ハンドルの所にベビーちゃん用の座席が装着されている。私が運転する際に、kskがまん前にちょこんと座っている格好になる。この格好での運転が、予想を超えてかなり大変。普段見かける2人乗りや三人乗りのお母さんたちは、爽やかに、軽やかに子供たちを乗せて運転している様に見えたもんですが、いざ自分がやってみると、相当なテクニックを要することがわかりました。その上保育園や仕事の荷物や買い物袋を積んでいると、特に乗り降りする時なんかは泣きたくなる位(注:実際荷物が多いのに駐輪場が一杯でkskが大泣きし出して自分まで半泣きになったことがある)。子供を2人乗せているお母さんも良く見かけるけど、凄い、凄すぎます。

なかなか大変な自転車登園だけど、それでも抱っこして連れて行くより随分楽チン。それに保育園から会社まで、これまでは地下鉄通勤だったけど、そのまま自転車で行っちゃう様になりました。通勤時間は約15分、時間の短縮やちょっとした運動にもなるし、何より息子が自転車に乗るのが大好き。自転車登園、体力勝負の日々はまだまだ続きます。

(写真:我々親子の愛車)


c0214449_22504591.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:31 | 育児

台風の朝

今朝kskと保育園に行ったら、なんとお休みでした~っ。
そう、台風18号の影響で、大雨警報が出ていたため、小学校・幼稚園・保育園皆なお休み。先生に「昨日の下園時に連絡したじゃないですか。」と言われたものの、昨日はサポートセンターの方にお迎えをお願いしていたので、知らなかったよ。どおりて、部屋に入る前にすれ違った先生が困った顔で、のこのことやって来た我々親子を見ていたはずだ。

しかし困った、急に休みと言われても(私が勝手に急だと思っただけだけど)これから仕事。急遽、いつもkskのシッターをして下さっているサポートセンターの方にお願いしたら、「1日預かるの、大丈夫ですよ。」と引き受けて下さった。ということで、息子は2日連続ここのおうちで預かって頂くことに。ああぁぁ、本当に助かった。

息子よ、こんなおバカな母で本当にごめんね。せめてもの救いは1日楽しく過ごした様で、仕事の後に迎えに行くと、上機嫌で帰って来たことかな。以後台風の日は気を付けます。
[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:06 | 育児

トミカのトラクター

トミカの赤いトラクター。kskは中身より箱がお気に入りの様子。
非売品です。

c0214449_22485435.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:06 | 子供用品

First Shoes

息子がひょこひょこと歩く様になり、9月には靴が必要になりました。
出産のお祝いに13cmの靴を頂いていたので履かせてみたのですが、何だか歩きにくそう。ちょうどその頃パパさんがヨーロッパ出張のお土産にフランスの男の子らしいのにかわいい靴を2足買って来てくれたので早速試してみたものの、やっぱり何だか不安定。kskもヨタヨタ何だか不安気な様子。確かにサイズは合っている感じなので、どうしたものやらと相談し、結局プロに聞いてみようと、売り場が移動して新しくなった阪急百貨店本店の子供靴売り場に行ってみた。驚いたことに、店員さんに相談するのは順番待ち。リストに名前を書いてもらい呼ばれるのを待ちました。

併設の子供用テーブルに置いてある木のおもちゃに興味を持ったkskは、パパさんと一緒に熱心に遊びながら待っていてくれたので、私はどんなお靴があるのか物色。小さな小さな靴なのに、大人用のデザインをそのまんま小さくした様なものだったり、履くのがもったいない様な細かなつくりのものだったりで、見ているだけで心がメルヘン。

kskを担当して下さったベテランっぽい中年のおば様店員さんは、ちっちゃな王様が座る様なソファーにkskを座らせてくれ、王様の家来の様な格好でちゃっちゃな足のサイズを測ってくれました。これまでkskに履かせていた靴が歩きにくそうだったのは、お祝いに頂いたNIKEの靴は実際のサイズがかなり大きいということがわかったり、フランスの靴も裏底が硬すぎるとのこと。赤ちゃんが初めて履く靴は、裏底がやわらかい方が歩きやすいそうです。いやいや、何も知らなかったよ。

そしてkskの12.7cmの足に選んでくれたFirast Shoesは、「portierra」という、やわらかくて弾力性があって、軽い風合いの皮の靴。1万円近いお値段で、ちょっと高いかなと思ったのですが、小人さんのお靴みたいなかわいいお靴を履いて、「ちゃぁ~」とか叫びながらヨチヨチと歩くkskの姿を見ていると、コレを買って良かったなぁとしみじみ思っとります。

(写真:9月中旬から随分履きこんだので、こうしてみると結構使用感ありますね。)
c0214449_014177.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 00:25 | 子供用品

生湯葉丼の日々

お気に入りのランチメニュー、「生湯葉丼」。週の半分はコレを食べている。
既に店員さんの殆どが私のことを覚えておられ、お店に入った時点で湯葉丼の
オーダーが入っていることに最近気付いた。「生湯葉丼の人」とかって呼ばれているのかな~。

c0214449_2259308.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-07 23:18 | おいしいもの

+J

息子が生まれてからというもの、以前に比べ物欲がなくなった。
正確には、「自分のものに対する」物欲がなくなったというべきかな。要は欲の
方向が自分の物ではなく、息子の物に移っただけだもんね。洋服や絵本等、
彼の物なら見境なく買ってやりたくなるから困ったもの。

とは言うものの、やっぱり自分の洋服は気になる。先日もファッション雑誌をめくって
いると、なんとJil Sander(ジル・サンダー)が、ユニクロにデザイン提供し、「+J」
というラインを10月2日から販売するというではないの。

Jil Sanderというと、服の本質をついた「モダン・ベーシック」なブランド。コンサバな
デザインが好きな私としては、「いつかはJil Sanderの似合う(買える)女になるゾ。」なんて思っていましたが、2004年にデザイナー本人がブランドを去ってしまったので、最近はデザインの傾向が少し変わってしまった様です。なもんでこの「+J」には興味深々だったのです。

限定店舗とオンラインのみの発売ということで、会社の昼休みに近くの店舗で物色
してみたのですが、ジャケットで1万円、Gパンが5千円、スカートが4千円以下。
品質は他のユニクロ製品とどう違うのかはいまいちわからなかった(同じかも)
のですが、Jil Sanderのシンプルで奇麗なラインがこの価格で手に入るのだから
初日から売り切れる商品が多かったというのもうなづける。息子の保育園の送り
迎えを考えると、最近はあまり高価な洋服は必要ない。しかし職場では基本は
スーツ。それを思うと多少汚れても気兼ねしないで済む価格帯、なのに
Jil Sander、なんて素敵なのぉ~。

ということで買っちゃいました。サイズや好みの色がない商品も多かったですが、
とりあえず戦利品です。
c0214449_2132521.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-06 21:19 | おしゃれ系

だるまさんシリーズ

最近の息子のお気に入りの絵本、かがくいひろしさんの「だるまさんシリーズ」。

「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊の絵本。絵のかわいらしさにひかれて購入したのですが、コミカルなだるまさんがリズミカルに笑わしてくれます。なんというか、かなりナンセンスなのですが、息子は大喜び。この本を読み出すと、一緒に声を出して読んでくれます。

内容は「だるまさんが」の本は「だるまさんが○○(擬音語)」の繰り返し、「だるまさんの」は「だるまさんの○(体の一部)」の繰り返し等、単純なもの。また、この単純さが何とも言えなく面白いのです。

3日に1度くらいの割合で、kskはこの本を手にして「ダレっ(コレという意味らしい)」と言いながら、本を読む様に指示して来ます。私もこの本が大好きなので、読むのが楽しみ。息子が一緒に声を出すと、楽しさ倍増。絵本が作ってくれる親子の楽しい時間です。

c0214449_22464198.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-05 22:29 | 絵本