夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:生活( 28 )

またお熱です。

ksk、一昨日からまたお熱を出しています。
火曜日の夕方、保育園へお迎えに行くと、先生に「kちゃん、夕方から37.8℃のお熱です。食欲もあって元気なんですけどねぇ。」と言われました。お家に帰ってからも、食欲モリモリで元気一杯に家中を駆け回っているので、「明日は大丈夫かなぁ。」と希望的観測をしていたら、水曜日の朝お熱をはかったら、なんと39℃近く。ちっともしんどそうな様子はないものの、体も熱いので、保育園はお休みさせることに。しかし困った。水曜日は会社を休めそうになかったので、朝早くだったけど実家に電話、お願いして母に来てもらうことになりました。パパさんが、フレックスで午後からの出社し、午前中にkskを小児科に連れて行ってくれました。今年2度目のインフルエンザ検査で単なる風邪と言うこともわかり、一安心。母には1泊してもらい、kskは木曜日も保育園はお休み。お熱は39℃前後というのに、この日も大好きなアンパンマンのDVDを観ながら、激しくダンスしたり、おばあちゃんと楽しく、元気一杯に過ごしたとのことでした。

それにしても、保育園に行っては病気をもらって帰り、治って登園しては、また病気をもらって来ての繰り返し。一般的には、2歳になるまでは、ずっとこんな調子らしい。ksk本人が1番大変だけど、急な病気の時は、なかなか大変だにゃぁ~。

写真:今夕、仕事の外出先で遭遇した「熱さまシートの坊や」。kskがお熱の時はいつも、この「熱さまシート」を額・首の後ろ・わきの下・足の付け根にぺたぺた。

c0214449_23272173.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-12 23:31 | 生活

結婚式に出席

結婚式に出席して来ました。お仕事の関係でお取引先の結婚式にご招待頂いたのは、初めてのこと。何だか自分も歳をとったなぁ~としみじみ感じてしまった。

披露宴が行われたのは、とある地方都市で新郎さんの故郷とのこと。普段はあまりゆかりのない場所で、学生時代の旅行以来、ひさかたぶりの訪問でした。地方の式というと、かなり派手なイメージがあったのですが、予想通り招待客が100名を超える大披露宴。お色直しも3回で、なかなか華やかなパーティーでした。

驚いたのは新郎側の主賓さんの挨拶。「人と人との出会いというのは奇跡的な確率でおこるもので、この地に生まれた新郎さんが、新婦さんとめぐり合えるなんて、奇跡に近いこと、、、うんぬん、、、うんぬん。」と、とても感動するお話だったのですが、何か聞いたことあるぞ、この話。松嶋奈々子と堤真一の10年ほど前のTVドラマ「やまとなでしこ」で、堤真一演じる欧介さんがボストンのご学友の結婚式で贈ったスピーチとほぼ同じでないの。まぁ、いいか。私も感動したのには間違いないから。

お仕事のつながりということで、正直新婦さんの生い立ちとか人柄とか、あまり詳しくしらなかったのですが、とても素晴らしいご家族の中で育ったこと、そしてとても強い家族の絆で結ばれていることを初めて知り、何だかとても温かい気持ちにさせてもらいました。

それにしても、kskがどんなに早く結婚してくれても、その頃私は既にアラ還。下手するとアラ古希、アラ喜寿?なんとか私がアラ古希世代になるまでに、一緒にいて幸せでいられる人を見付け、新しい家族を作って欲しいものです。成長して巣立っていくkskのことを考えると、かなり淋しいけどね。

写真:会場のイルミネーション

c0214449_0495933.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-08 00:50 | 生活
以前勤めていた会社の元同僚さんたちと食事に行きました。kskのお迎えに配慮して、私の会社のすぐ前のビルにあるレストランで、18:00開始という無茶な設定に、快く合わせて下さったのでした。

このお2人、私より少しだけ先輩なのですが、とにかく美しい~。生まれ持って備えている顔のつくりや体型が良いのはもちろん、センスの良い髪型、お化粧、お洋服もステキで、雑誌の「VERY」や「STORY」からそのまま飛び出して来たみたい。我々くらいの年齢になって来ると、体型もどんどん崩れ、髪の毛なんかもパサパサして来て、お肌なんかもお化粧ではカバー出来ない「老い」を感じさせるもんですが、そういったものを一切感じさせないのもお見事。自分も人からそんな風に思われたいなぁと思うものの、なかなかこうは行かないだろうにゃぁ~。そして話の中心はもっぱらおしゃれ系。最近まつ毛のエクステを始めたとか、週に何回ジムに行くかとか、大阪と東京ではおしゃれ度が全く違うとか。皆なあまり若くはないからこそ、こんな話がとても重要。美しさを保つには、やっぱりたゆまぬ努力が必要なのね。

そう言えば、最近同年代の女子と話をする機会がめっきり少ない。会社には同世代の女の人が殆どいないし、外で話すのはもっぱら子供ネタ。久しぶりのガールズトークっだったので、なんだかとてもウキウキしてしまいました。息子よ、君のために美しいママを目指すため、たまにはこんな時間を過ごすのも許してね。

写真:手作りベーグル、GATEAU FESTA HARADAのラスク、チョコレート。頂いたり買って来てもらったり。おやつタイムが楽しみです。
c0214449_18471.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-05 01:08 | 生活

わんわん大好き

最近kskは犬がお気に入り。
絵本の中でも犬の写真を見付けても「わんわん。」とつぶやく。もちろん、外で本物の犬を見ると「わんわんっ、わんわんっ。」と、大騒ぎ。大きな声でわんこにラブコールを送りながら、何とか近付こうとしたり。それはそれは大変なお熱の入れ様なのです。

夕方、お気に入りのトーマスの三輪車に乗って、マンションの公園をお散歩していたところ、あちらこちらで犬のお散歩をしている人に遭遇。kskはその度に、「わんわんっ♪」と手を振りながら近付こうとするので、とうとう根負けして、わんこを触らせてもらうことにしました。

初めてタッチしたのは茶色のプードル。飼い主のおばさんは、赤ちゃんが近付いて来たので少しビックリされたのですが、kskの熱意を感じて触らせてくれたのでした。kskはプードルちゃんをすっかり気に入って、「わんわんっ。」と言いながら、背中や頭をヨシヨシしてあげたり、抱きついたり。挙句の果てには毛を引っ張る始末。これにはプードルちゃんも迷惑そう。おばさんは、全く怖がらないkskに驚きながらも気をよ良くされて、たっぷりわんこちゃんと遊ばせてくれたのでした。

茶色のプードルちゃんとの触れ合いで、調子に乗ったksk、その後黒いプードルちゃんや、ダックスフンドちゃんと、手当たり次第に次々に近付いてたっぷり一緒に遊ばせてもらい、ご満悦の様子。すっかり気をよくしておうちに戻ったものの、まだまだわんこと遊びたかった様で、「わんわん、わんわんっ。」と、興奮冷めやらず。仕方がないので、ご近所さんの黒いチワワちゃんに会いに行きました。すると、このチワワちゃん、kskに向かってずぅ~っと吠え続けるこんで、さすがのkskもビビリモード。すっかりへこんでおうちに戻りました。これにこりて、わんこを怖がらないかな。かわいそうなことをしちゃいました。kskごめんね。

c0214449_22455474.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-17 22:19 | 生活

イタリアンデビュー

以前勤めていた会社の同期、アイちゃんとランチをしました。本当は4歳の息子ちゃんとご主人と、我々親子の6人でランチということになっていたのですが、息子ちゃんが熱を出してしまい、友達と私とkskの3人でのランチとなりました。

kskが生まれる前は、子供のいる友人たちの話を聞いていると、本当に羨ましく、自分は親になれる日が来るのだろうかと不安に感じることもありました。でも今は友達と育児の話をするのがとても楽しい。そして先輩ママさんの経験談がとても役に立っているのです。

お店はアイちゃんの予約してくれたイタリアン。記憶にある限り、イタリアンの店に入るのは出産してからは初めて。ということはkskは初のイタリアン。kskと一緒だと、どうしても座敷系とかビュッフェとかになってしまうのですよね。ベビーカーで入ると迷惑そうな顔をされるんじゃないか、気が気じゃない。これだけ少子化対策って言われているのだから、もう少し子連れでも入りやすくて、ママたちがゆっくり食べられる様なお店が増えてもいいんじゃないかと思う。

kskはママとお友達と同じテーブルでお食事するスタイルが結構気に入った様で、とてもいい子ちゃんに食事を始めてくれました。私のお皿から、フォークで短くしたサツマイモのクリームパスタをもらい、美味しそうに食べてくれ、気が付けばサラダと食後のデザートはひとりで全部平らげてしまったではないか。あまりのkskの食欲に唖然。

kskは何でも自分でやりたがり、食事も自力でガンガン食べるのです。その分汚れもひどくなるので掃除が大変なのですが、自主性を育てたいので好きなようにさせてやりたいと思っています。しかし、kskが赤ちゃんなのに、あまりにも自分の意思がはっきりしていると、4歳児のママさんであるアイちゃんの眼にも映ったそうだ。「将来が楽しみね~。」なんて言ってくれたけど、良い部分を上手く引き出して、良い意味で前向きな子供に育って欲しいなと思う。

しかし、kskがスプーンや素手で食い散らした結果、床は食べくずだらけ。「汚しちゃってごめんなさい。」と、kskと一緒に誤ってレストランを後にしたのでした。お店のかた、本当にごめんなさい。

(写真:おやつに食べたパン。素朴な味でした。)

c0214449_054963.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-13 00:16 | 生活

はぢめての運動会

ksk、生まれて初めての運動会に参加しました。と言っても、0歳児さんと1歳児さんクラスの園児たちは、任意のゲスト参加ということで、出場種目は保護者と一緒のかけっこだけ。あとはお兄ちゃんお姉ちゃんたちが踊ったり、走ったりするのを応援して楽しみました。

運動会というものがまだ良くわからないkskは、朝からかなり不機嫌。お熱はないものの、一昨日からほっぺは真っ赤っか、青洟ズルズルが続いているので、あまり気分がよくないのかな。どうしたものかとも思ったのですが、やはり初めての運動会なので、行くだけ行ってみて、調子が悪そうだったら家に帰っちゃうということにして、機嫌直しにお気に入りのトーマスの三輪車に乗って出発~。

我々をはじめ、0歳と1歳児クラスの家族は、『乳児席』に案内されたのですが、来ている親子はごくわずか。同じひよこ組さんのお友達はたったの4組程でした。自由参加だから仕方ないか。保育園と言う所は、朝見送りの際の保護者は出社前のバタバタで、とにかく余裕がないし、お迎えは皆なバラバラの時間なので、他の保護者には全く会わない日さえある。そんな感じなので、お父さんやお母さん同士でお話をするなんてことは滅多にないのです。0~1歳の赤ちゃんたちには、まだ『お友達』を作ると言う感覚もないみたいだし、ママ友なんてまず出来ない。そんな中でkskのクラスメート、サニー君とサニパパさんとは毎朝一緒になるのですが、サニママとサニババさんと4人で来られていて、ご家族とお話することが出来ました。しかし、kskはまだサニー君には感心がない様子。サニー君もkskが歩いたりするのをじっと見ているくらい。お友達を作るのはもう少し先の様ですね。

kskが唯一出場したのは『かけっこ』。但し、まだタッチも出来ない乳児ちゃんも多いので、保護者に抱っこされて走っても良いルール。まだ走るのは無理だけど歩いてみようと試みたものの、「よぉ~い、ドン」の声がかかると、kskは突然私の足にしがみついて、「マァマァ~っ。」っと泣き出してしまいました。ということでママ抱っこで走り、途中太鼓にタッチをしてゴール。『がんばったで賞』の砂場遊びグッズを頂きました。ksk泣きながら一緒意走った(?)ものね。よく頑張りました♪

しかし、2歳児以上のクラスって、ちゃんとリレーなんかも出来るし、皆な上手に踊っているし、予想以上に見応えのある運動会でした。2年後にはkskもあんな風に走るのかな。

c0214449_272874.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-11 21:39 | 生活
kskが生まれてから、肩が痛いのが酷くなった。
もともと、腰の方が酷かったのに、最近は夕方にもなると肩が痛くて痛くて。
ここ1週間も気持ち悪くなる位に痛ダルかったものの、仕事の後もkskの保育園のお迎えがあるから、土曜日まで我慢していた訳です。

ということで朝から馴染みの整形外科に行って来たのですが、昨日職場で「肩が痛くて気持ち悪い~っ。」とボソッとアピールしていたところ、同じグループの男子通称マロが即効性のある痛み止めの方法を教えてくれた。

肘の関節から肩に向かって指を4本並べ、その4本目の辺りに押すと痛い部分がるので、そのツボを押すだけ。両腕やるのがミソなのだそう。聞いた時は、「こんなことで楽になるくらいの痛さだったら、この1週間そんなに苦しまないよ~。」と心の中で思ったものの、ナント、ウソみたいに効きました。魔法にかかった?マロよ、本当に有難う。痛みは随分取れたものの、一時的な効果なもんで(マロも「ちゃんと病院に行って直して下さいね。」と言ってました)、ちゃんと整形外科に行って来たのです。肩に注射を打ってもらい、少し楽になったけど、やっぱり痛い。どうしたものか。

しかしやっと週末というのに、kskも鼻水ズルズルでほっぺが真っ赤っかだっだので、パパさんが耳鼻科に連れて行ってくれました。少し夏風邪気味だそうで、お薬ももらったものの、結局一日お熱も出ず、元気に過ごすことが出来ました。

平日は一日の殆どを保育園で過ごすksk、小さいなりにそれが結構負担になっている様子。しょっちゅう体調を崩すのも、精神的なことも理由のひとつの様な気がします。その分一緒に居れる時は、彼が甘えたい時にはとことん甘えさせているつもりなのですが。何とかしなくちゃいけませんね。ちっちゃいのに負担をかけてゴメンネ、ksk。
[PR]
by kskmama | 2009-10-10 22:54 | 生活

休日の過ごし方

息子が生まれてから、私たち夫婦の週末の過ごし方がすっかり変わった。

実はそれまでどんな風に過ごしていたかは、今となってはなかなか思い出せ
ないのだけど、結婚してから子供を持つ迄の間がとにかく長かったもんで、
行きたい場所へ遊びに行き、食べたい物を食べる暮らしだったのには間違い
ない。私の方はかなりのグータラ者だから、週末ともなれば昼迄寝てたり、
なぁ~んにもせずにダラダラしたり。

最近の標準的な週末のパターンと言うと、まずは「洗濯」、そして「食材の買出し」に
「翌週の晩ご飯のストックの準備」と「洗濯」が最大メイン行事。これをやっておか
ないと次の1週間を乗りきれないと言っても過言ではない。

まずこの「洗濯」、息子が生まれてから劇的に量が増えました。
どこのお宅でも赤ちゃんが生まれると洗濯の回数は増えるものですが、3人家族の
我が家でも、毎日どころか多い時には日に2~3回、洗濯機を回しています(息子の
ものを大人用と分けて洗っているせいもあるんだけど)。ちなみに息子の保育園
では、布オムツは業者さんでレンタルをしてくれるのですが、オムツカバーは自前。
これが日によっては3~4枚使うこともあります。着替えはつなぎは不可なので、
シャツとズボンの上下が4~5セット必要。そして給食やおやつ用の口拭きタオル
3枚と、お昼寝用タオル1枚、お食事エプロンに、汚れ物を入れる袋等、保育園
グッズだけでも相当な量になるのですよ。オムツは洗わなくてもいいし、お昼寝用
のお布団も貸してくれるので、まだまだ楽な方という話ですが。これに加えて週末
にはカバー類やら大量の洗濯物が。しかし乾燥機能付きの洗濯機がなければどう
なっていたことか。

あと「食材の買出し」は、平日は息子の保育園へ迎えに行ってから買い物を
するのはかなりハードなもんで、週末のまとめ買いが基本。家の前のショッピング
センターのスーパーが、毎週土曜日が全品10%オフなもんで、土曜日の買い物
は定例行事。そこで買った材料で、「翌週の晩ご飯のストックの準備」をしておく
わけです。最近では可愛らしい歯が6本はえ揃い、少し固めの物もガシガシ噛める
様になった息子。離乳食からは殆ど卒業状態なので、大人の料理をマイルドに、
油を抜いて、材料を細かめに切って共用して食べとります。

その他の時間は、なんだかんだ家事をしたり、息子とたっぷり遊んだり。彼はおうち
の中よりお外が好きなので、パパと3人車でお出かけすることが多くなっています。
とはいうもののこの週末は、kskも水疱瘡がようやく治ったところなので、おうちで
ゆっくり過ごし、あとは車で20分程のイオンモールに行って来ました。

という訳で、来週の晩ご飯のストックの一部を写真でご紹介。人気のお料理
ブログのヤミーさんの3STEP COOKINGから「レンジで5分チンするだけ キーマカレー」。息子も一緒に食べられる様に、カレー粉は「カレーの王子様」(1歳児からOKです)を使いました。kskは気に入ってくれるかな?

c0214449_2335621.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-04 23:31 | 生活