夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:育児( 48 )

あそびの講座

自治体が主催のあそびの講座に親子で参加して来た。
「おんがくいっぱい、おはなしいっぱい」のタイトルの通り、45分の間に歌とお話が盛りだくさん詰まったプログラムで、kskはもちろん、パパさんも私もしっかり楽しんでしまった。なんと言っても、パフォーマーのおば様の歌が凄い。とうっとりする様な美声で、軽快に歌いながら、踊ったり、人形や小道具を使ったり。参加者も一緒に楽しめるとても楽しいイベントでした。

kskは7ヶ月から保育園に通っているから、普段から歌ったり踊ったりしている模様。うちでも突然音楽に合わせて踊りだしたりするのは、どうも保育園で習った踊りを時々披露してくれているみたいです。なので、今回のイベントも、ノリノリで踊ってくれるのかな?と思っていたのですが、いまいち反応が鈍い。はじめの内はママのお膝に乗せて、無理やり彼の手を取って、リズムに合わせて体を動かす様試みたのですが、「やめてくれぇ~っ。」とばかりに手を振り払おうとするので、そのまま膝に座らせておいたら、結局じぃ~っとパフォーマンスを見入っているだけ。他の子供はkskより大きな子が殆どだったせいもあって、歌ったり踊ったりする子が多いのに。何だかいつものkskらしくない感じでした。大人も多くて圧倒されたのかな。

このイベント、自治体が主催の無料講座なので、正直あまり期待していなかったのですが、良く出来たプログラムで、パパさんと私はとても歓心してしまい、それにとても楽しめました。kskにはまだちと早かったのかもしれませんが、また参加してみたいなと思っています。
c0214449_23405421.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-24 23:11 | 育児

お歌がうたえるよ♪

kskは音楽が大好き。
保育園の先生も、「kちゃんはお歌が好きですね。」と時々おっしゃる。音楽がかかると体全体で音頭を取ったり、体をゆすってダンスをよくするそう。おうちでも「ダレっ(=アレ)」と指差しながら、CDのスイッチを入れる様指示したり、大好きなアンパンマン体操のDVDを流すと両手でゴーゴーしながら「あっ、あっ。」と声を出して、激しいダンスを披露してくれる。それだけでも「赤ちゃんのくせに凄いなぁ~。」っと、我が息子ながら感心していたら、なんと歌までうたい出した。

kskが1歳になったのを機に「こどもちゃれんじ・ぷち」(ベネッセの教材)を申し込んだら、準備号として、しまじろうのパペットや、音の出るコンパクト、DVDや絵本やらがたんまり送られて来た。そのDVDとコンパクトと絵本の中に、「歌を聴きながら歯磨きを覚えよう~」みたいなコンセプトのコーナーで、「あけっこあ~、あっ、あっ、あ~・・・」という、覚えやすい歌詞とリズムの歌がある。kskはこの曲がかなりお気に入りだったもんで、しょっちゅうDVDやコンパクトから流れて来る音楽に合わせたり、絵本を見ながら歌っていたら、突然kskが「あっ、あっ、あ~で、できた。」と、歌詞のさびの部分を何度も繰り返し歌い出したのです。まだ言葉も、そんなに単語量が増えていないので、歌うなんてもっともっと先の話だと思ってた。なので喜ぶ前に心底ビックリ。パパさんも驚きを通り越して大笑い。ksk只今1歳1ヶ月、こんな楽しい変化球が来るとは思っていなかった。こうやって、日々成長しているんですね。また一緒に歌おうね♪

c0214449_2251946.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-21 23:00 | 育児

予防接種の進捗状況

最近は、予防接種を積極的に受けさせないご両親もおられるそうだけど、kskには受けなきゃいけないものは受けさせることにしている。

BCGに始まって、DTP(3種混合)、ポリオ、1歳になると麻疹や水ぼうそうやらと、相当なメニューをこなさなければならないもんで、かなり計画的に進めなければならない。なのにkskはやっとBCGと3種混合の3回目が済んだところ。というのも、風邪や突発性発疹や手足口病やヘルパンギーナ、そして先日は水ぼうそうと、保育園でしょっちゅう病気をもらって来るため、なかなか計画通りに進まない状況なのです。

今一番気になっているのはポリオ。これは自治体の保健福祉センターで受けられるのですが、半年毎にしか受けられる機会が周って来ない。なもんで、1度タイミングを逃すとまた半年待たなければならないのです。前回は突発性発疹やらで受けられず、今度こそはと思っていたのですが、今回もまた水ぼうそう完治から2週間経っていないという理由で断られてしまったのでした。せっかくおばあちゃんと三輪車で出かけたのにね。次は5月、先は長いぜ。

それにしても、これでまた計画変更です。まずはポリオということで、インフルエンザは先送りにしていたのですが、新型の接種が始まる前に、まずは通常のインフルエンザを早めに受けに行かなくては。
[PR]
by kskmama | 2009-10-16 22:33 | 育児

ぼくしゃべれるよ

kskの確認可能な初めての言葉は「バイバイ」。8ヶ月の時からバイバイの手真似をする様になり、5月22日に「バイバイ」と言ってくれた。この時は、単に周りの皆が「バイバイ」と言っていたのを真似っこしてみただけだと思うのだけれど、9ヶ月半になった7月12日にランチをしたお店の店員さんに手を振りながら「バイバイ」と確かにつぶやいてくれました。その時はえらく感動したのですが(冷静に考えると「何でバイバイ?」とは思ったけれど)、その後は殆ど進歩が見られず。その後8月29日になって、突然「ママ」を連発する様になりました。

しかし最近に至っても、「パパ」「ママ」「ダレっ(アレのこと)」が会話の半分で、あとは「バァバァ」と「アンパン(アンパンマンのこと)」を時々発するくらい。あまりバリエーションは増えず。「ksk、やる気あるのかなぁ?」と思ったりもしたけど、これはこれで可愛いもの。それに最近では、ちゃんとコミュニケーションを取ること(?)も出来、お気に入りのアンパンマン体操をしたい時には、「アンパン」とつぶやくながら、ちゃんとDVDを持って来て、映す様にと指示が下るし、今朝もお気に入りの「だるまさんの」の絵本を持って「けっ」「けっ」と叫ぶので、何だと思ったら、絵本の中の1フレーズである言葉をちゃんと覚えていたのにはビックリ。言葉はまだ少ないけれど、小さな頭の中で色んなことを考えているんだと、何だか感動。凄いね、ksk(しっかり親バカ)。

絵本と言えば、先日本屋さんでkskに絵本を探していたら、「パンプキン・ムーンシャイン」というターシャ・テューダー/Tasha Tudor)の絵本が眼に入った。このターシャ テューダーさん、アメリカを代表する絵本作家さんですが、そのライフスタイルが世界の人から共感され、日本でもNHK等で紹介されて来ています。そのターシャさんのデビュー作がこの絵本なのです。文字数がkskには多すぎ、内容が難し過ぎるのと、女の子ちゃん向けのものだったので、購入するか迷ったのですが、結局自分用に買ってしまった。ホッコリさせてくれるお話も、自然や動物のホンワカしたイラストもとても可愛い。kskにもと思い、無理やり読み聴かせをしてみたのですが、まだまだ早かった様で、数ページ読んだところで本を押しのけてしまったのでした。
c0214449_0474557.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-13 22:32 | 育児

出産お礼参り

kskが生まれて1年1ヶ月も経つと言うのに、安産のお礼参りにまだ行ってなかった。実は出産までは、高齢やらの理由で、無事生まれてくれるか本当に本当に不安で心配で、それを考えていて眠れないなんて日もあったくらい。なので安産祈願にもかなり気合が入り、大安戌の日に安産祈願では全国でも有名な、奈良の帯解寺に行ったのでした。

せっかくのお礼参りなのに、kskは何だか不機嫌。祈祷の申し込みをしてから順番を待っていた間も、ずっと抱っこちゃん。他の4組さんと一緒に子育祈祷(安産のお礼参りをこう呼ぶ様です)をして頂くものの、大人しくしていてくれたのは最初の数分。後はコレでもかと言うくらい、声の限りに泣き続けたのでした。なのに祈祷が無事済んだ途端にピッタリと泣き止むではないの。きっと何が起こっているかわからず、不安だったのね。

この帯解寺は、美智子妃が御懐妊の際に安産祈願法要を、また秋篠宮紀子妃に安産岩田帯、御守、御祈祷札を献納をされたという由緒正しき安産祈願のお寺。関西では中山寺と並んで有名です。奈良市内にありますが、田んぼの多いのどかな風景の中にあるので、ちょっとした遠足気分を味わえました。kskがもう少し大きくなったらまた是非来たいなぁ。
c0214449_2312572.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-12 23:13 | 育児

自転車登園

息子の保育園には幾つか規則がある。そのひとつが「ベビーカー登園禁止」。
要は送りに来た保護者が、出勤前だから等の理由でベビーカーを置いて行ってはならないということなのです。

我が家から保育園は徒歩5分程。登園路もマンションの敷地内なので、送迎が苦になるほどの距離ではないのだけど、まだ一人でスタスタとは歩けない息子を連れてとなると、なかなか大変なのです。これまでは首からスリングでぶら下げて登下園していたものの、体重が10キロにもなると、だんだん苦痛になって来たもんで、1歳を目前にして8月にとうとう自転車デビューを果たしたのでした。

正直なところ、自分がママちゃりに子供を乗せてこぐ日が来るなんて思ってもみなかった。世間のお母さんは、あんな格好でそこまで頑張らなくても、抱っこしたり、ベビーカーに乗せたり、手をつないで歩けばいいじゃないと思っていたのですが、皆なが皆な好きで自転車に乗っている訳ではないことに気付きました。とにかく自転車に乗せると楽なもんで、中には仕方なく自転車という人もいるんだろうな。

しかし、いざ息子と自転車の2人乗りを始めると、と「こんな格好をしてまで子育てに懸命な自分って、案外カッコイイ~。」なんて思う様になった。そう、世間の頑張っているお母さんたちは、本当は偉いんです。そして凄いんです。カッコイイのです。

私と息子の愛車は、ハンドルの所にベビーちゃん用の座席が装着されている。私が運転する際に、kskがまん前にちょこんと座っている格好になる。この格好での運転が、予想を超えてかなり大変。普段見かける2人乗りや三人乗りのお母さんたちは、爽やかに、軽やかに子供たちを乗せて運転している様に見えたもんですが、いざ自分がやってみると、相当なテクニックを要することがわかりました。その上保育園や仕事の荷物や買い物袋を積んでいると、特に乗り降りする時なんかは泣きたくなる位(注:実際荷物が多いのに駐輪場が一杯でkskが大泣きし出して自分まで半泣きになったことがある)。子供を2人乗せているお母さんも良く見かけるけど、凄い、凄すぎます。

なかなか大変な自転車登園だけど、それでも抱っこして連れて行くより随分楽チン。それに保育園から会社まで、これまでは地下鉄通勤だったけど、そのまま自転車で行っちゃう様になりました。通勤時間は約15分、時間の短縮やちょっとした運動にもなるし、何より息子が自転車に乗るのが大好き。自転車登園、体力勝負の日々はまだまだ続きます。

(写真:我々親子の愛車)


c0214449_22504591.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:31 | 育児

台風の朝

今朝kskと保育園に行ったら、なんとお休みでした~っ。
そう、台風18号の影響で、大雨警報が出ていたため、小学校・幼稚園・保育園皆なお休み。先生に「昨日の下園時に連絡したじゃないですか。」と言われたものの、昨日はサポートセンターの方にお迎えをお願いしていたので、知らなかったよ。どおりて、部屋に入る前にすれ違った先生が困った顔で、のこのことやって来た我々親子を見ていたはずだ。

しかし困った、急に休みと言われても(私が勝手に急だと思っただけだけど)これから仕事。急遽、いつもkskのシッターをして下さっているサポートセンターの方にお願いしたら、「1日預かるの、大丈夫ですよ。」と引き受けて下さった。ということで、息子は2日連続ここのおうちで預かって頂くことに。ああぁぁ、本当に助かった。

息子よ、こんなおバカな母で本当にごめんね。せめてもの救いは1日楽しく過ごした様で、仕事の後に迎えに行くと、上機嫌で帰って来たことかな。以後台風の日は気を付けます。
[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:06 | 育児

水疱瘡の一週間

先週日曜日の夕方、kskの首の後ろに赤いポツポツを見付けました。
何だか嫌ぁ~な予感。1ヶ月以上前から保育園で水疱瘡が流行って
いたのです。

月曜日の朝、赤いポツポツはお腹や手足にも少し出ており、いつもは
36.2℃くらいのお熱も少し高めの37℃台。前日育児書やネットで
調べておいた水疱瘡の症状とほぼ合致。

保育園に通い出してから、しょっちゅう病気をもらって帰って来るksk。
赤ちゃんで免疫がないので、2歳くらいまではこんな状態が続くらしい。
実際、休まなかった月は1度もないし、ひどい時は月の半分休んでいる
ものね。小さいのに次から次に襲い掛かる試練。本当にかわいそうなの
だけど、当分は病気を防ぐのは難しそう。新型インフルエンザは避け
られるといいのだけど。

結局水疱瘡2日目の月曜日は、朝小児科に行き、診断してもらい、お薬を
頂いて戻ったら39℃台までお熱が上がり、会社を休んでkskについて
いました。

ところが一緒に過ごすと決めるとお熱はぐっと下がり、ブツブツが体に
広がって行くのと反比例に、どんどん元気になってくれました。しかし
この調子では今週は保育所へ行くのは無理。なのに4月以降、kskの
病気やらで相当年休を使ってしまっているため、出社しなければならない。
大急ぎで実家の母と、いつも手伝って頂いているサポートセンターのかたに
連絡し、金曜日まで何とか手分けして預かって頂くことになりました。

このサポートセンターの制度、働くママにとっては本当に有難い。自治体が
介在して育児のお手伝いをして下さるご近所さんを紹介して頂ける制度なの
です。もちろん費用はかかるのですが、一般のベビーシッターさんをお願いする
半額位。しかもご近所さんというのがとても便利。kskの面倒をみて頂いている
かたは、小学生のお姉ちゃんと幼稚園のお兄ちゃんのママさんなので、kskは
私のお迎えまでの間、お姉ちゃんたちにたっぷり遊んでもらい、預かって頂く
のを楽しんでいる様子。本当に有難いです。また実家の母は、生後9週目から
今年の6月まで母親代わりにkskの面倒をみてくれたので、彼はおばあちゃんが
大好き。結局ブツブツだらけになりながらも元気だったので、皆なに遊んでもらい、
ご満悦の様子でした。

この水疱瘡、子供によっては少しポツポツが出るくらいで極めて元気な場合も
あるそうで、お熱が上がるとブツブツ度が高くなることが多いそうです。
kskの場合は、首の後ろの全体が真っ赤になるくらいひどく、また頭の髪の毛
の中、耳の穴、足の裏等、あまり出そうもないところにまで発疹があったので、
見た目が凄いことに。また火曜日は夜中にかゆくて眠れなくなり、何度も
起きてしまうのに、薬を塗って背中をさするくらいしかしてやれず、本当に
かわいそうでした。今はすっかり元気ですが、痕が残らない様にと思っています。

ksk、頑張ったね。

(写真:お外にも出られる様になりました。三輪車は乗るより押すのがお気に入り。)
c0214449_15638.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-04 01:00 | 育児