夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:育児( 48 )

ご機嫌ななめ

昨晩からksk機嫌悪し。
今朝も保育園に行くのをいやいやして、到着後も大泣き。お迎え係のお当番がちょうど担任の先生だったのに、抱っこされるのもいやいや。「ママ、マンマァ~っ。」と体一杯で行かないでと表現。こちらも身がきられる思い。保育園もそこそこ楽しんでいる様子なのに、体調が悪かったりすると、いまだに泣いてすがりつく。こんな時は、ママも本当に辛いのよ。

お迎えに行った時は、うって変わってとてもご機嫌。お友達とハイタッチしてバイバイ。保育園では1日楽しく過ごした様子。なのに家に帰ってからは少しでも離れるのを嫌がり、食事中以外はほぼ抱っこちゃん状態。どうしちゃったのかな?仕事をして帰って、家では10kgの息子を抱っこしてうろうろ。さすがにかなり疲れました。

写真:食事はまだ手づかみがいいみたい。
c0214449_2256219.jpg

写真:大好きなベビーダノンのヨーグルト♪スプーンもちゃんと使えるよ。
c0214449_2257557.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-17 23:10 | 育児

お靴が脱げたよ。

何でも自分でやりたがるチャレンジャーなksk。
保育園から帰るなり、今度は自分で靴を脱ぎだした。どうやって覚えたのか、ちゃんと靴のマジックテープを引っ張って固定部分をはずし、両手を上手に使ってまず右の靴をスルッと脱いでしまった。同じ要領で左の靴もアッという間に脱いでしまった。あまりの手際よさにあっけにとられていたら、今度は靴下もちゃんと脱ぐではないの。靴下を脱ぐ姿は時々眼にしていたものの、玄関で部屋に入る前に、自分で靴を脱いだのは初めて。順番からすると、お洋服を脱げる様になるのが先だと思っていたもんで、まさかの変化球にビックリ。知らない間に色んなことを学んでいるのね。

話は変わって、午前中は滋賀県の米原へ出張した。午後からの会議に間に合うために、昼食は駅弁を買ってJRの新快速の中で食べた。勿論ひとりで食べる勇気はないけど、総勢5名だったので、なんだか遠足気分。4人がけの席を一緒に囲んだお2人も、それぞれ0歳児さんと1歳児さんのひとり息子のパパさん。自称育メン(注:育児に協力的な旦那さんをこう呼ぶらしい)のお2人と、仕事の話はそっちのけで育児談義で盛り上がり、1時間40分の道のりがあっという間に感じた。天才児教育の面白い話なんかも聞いたので、またそのうち紹介しようと思います。

写真:栗おこわの駅弁1100円なり。冷え冷えだったので、味はもうひとつでした。


c0214449_22394011.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-16 22:20 | 育児
ksk、先週は風邪ひきで水曜日から保育園をお休みしとりましたが、やっと元気になりました。まだまだ病み上がりなので、週末はおうちで過ごしたのですが、元気になったからお外に出たくてたまらない様子。ずっと体調が悪かったから、気持ちも何だか不安定みたい。すぐに「抱っこしてぇ~。」とやって来るので、用事がなかなか進まず。でも、何はともあれ良くなって安心しました。しかし、今週末は大阪が他に先駆け、幼児向けに新型インフルエンザの予防接種を開始したのに、kskは受けることが出来ず。残念なり。次にワクチンが入るまで待たなきゃなりません。

c0214449_2337083.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-15 23:37 | 育児

新曲披露

kskは歌が好き。
しまじろうの歌がうたえるのは以前のエントリーでも書いたけど、いつもご機嫌さんの時には「あっ、うぉ~、おっおっ♪」と、何やら自作の歌をよく歌う。「どこからこんなメロディが出てくるのかなぁ~?」と、不思議でまた微笑ましく感じています。今晩も「うおっ、うおっ、あっ、あっ、えっ、いえっ、うあぁ~♪」と太鼓を叩きながら機嫌よく歌っているなと思っていたら、コレってどこかで聴き覚えのあるメロディではないの。そう、確かに「きらきら星(ABCの歌)」なのです。最初の部分だけなのですが、何度か繰り返し歌ってくれました。息子よ、相変わらず君には驚かされるよ。パパとママが「凄いっ、凄いっ。」とほめまくっていると、益々喜んで歌ってくれました。

話は変わって、保育園のお話。kskの通う保育園では、季節ごとにイベントを準備(最近は新型インフルエンザの影響で、イベントがことごとく中止になっていますが)してくれます。夕方kskをお迎えに行くと、マザーズバッグの中に七五三のお祝いの千歳飴の袋が入っていました。もちろん保育園からのプレゼント。先生方の心遣いですが、とっても嬉しい。家に帰って早速中を開けてみると、アンパンマンのクッキーやラムネ等のお菓子が沢山入っていました。kskは目ざとくアンパンマンクッキーを発見し。「ど~ぞ。」「ど~ぞ。」と言いながら他のお菓子を私に手渡ししてくれ、アンパンマンだけは、自分でしっかり確保。袋を差し出して開けて開けてをするので、根負けして食べさせてしまった。そこまでアンパンマンが好きなのね。

c0214449_2343993.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 23:15 | 育児

熱いっ。

最近は、kskが自力でご飯を食べれる様になって来た。まだスプーンやフォークを上手く使えないので、殆ど手づかみ状態で、食べているうちにご飯やおかずまみれになっているし、お皿なんかもひっくり返したりもするから、後片付けが大変。でも自分で食べることに満足している様子だし、自主性は大事にしてやりたいので、好きな様に食べさせるつもり。今晩も、kskを真ん中にして、親子3人並んでご飯を食べました。

食べだしてしばらくすると、kskから「おうっ、おうっ。」と何やら指示が入った。どうもミネストローネに入っているマカロニがもっと欲しいということらしい。ハロウィーン用に購入していた「クモ」や「魔女」や「カボチャ」の形をしたマカロニの触感が気に入った様子。はげしく催促するので、まだ熱いかなと思いながらも、追加のマカロニを入れてあげると、kskはとても嬉しそうにお皿に手を伸ばしました。するとナント、「あついっ。」と言って手を引っ込めるではないの。これまでのおしゃべりは名詞ばかりだったので、初の形容詞。その後も「あついっ。」と言いながら、マカロニを美味しそうに食べとりました。いやいや、驚いた。

最近は、何かにつけて「アンパンマン」とつぶやき、単語が増えないなぁ~っと、思っていたのですが、言葉に出なくても、きっと色んなことを考えているのね。次は食事中に「おいしいっ。」なんて言ってくれたら、ママはお料理をするのが、もっともっと楽しくなるゾ。

写真:kskのおやつ用に作ったおからマフィン。「おいしいっ。」は出るか?

c0214449_0463426.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 00:48 | 育児

やっちゃいました。

夕方保育園にkskをお迎えに行った際、担任の先生と少しお話した。
いつも朝はバタバタで、先生とゆっくりと話の出来る余裕がはないし、夕方はいつも延長保育なので、担任の先生と顔を合わせること自体あんまりない。なので、意外と普段は担任の先生方(4名)と、必要以上のことを話す機会がないのです。

先生の話によると、kskは保育園でもやんちゃぶりを発揮しているらしい。保育園の大型ベビーカーに乗せてもらうと、お外に行けるとわかり、体一杯で喜びを表現したり、公園にお散歩へ行けば、大型遊具や大きな階段を登ろうとしたり、滑り台を滑ったり、自分でグングン何でも挑戦。部屋中の引き出しを全部開けようとしたり。先生方は大変なはずなのに、「元気に保育園を楽しんでくれて、こちらも嬉しいですよ。」と言って下さった。毎日の連絡帳には、その日kskがどの様に過ごしたかを書いて頂いているのですが、直接先生のお話を伺うと、凄く安心出来るものですね。

それにしても、家での彼を見ていると、やんちゃが過ぎて心配になることも。先日もオモチャの木製トンカチで、リビングのドアのガラス部分を何度も叩き、とうとうひびを入れちゃいました。トホホ。あまりに元気の度が過ぎて、保育園で器物破損なんてことにならないといいのですが。

写真:見事にひびが入りました。

c0214449_22272911.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 22:31 | 育児

DVDに夢中

今とっても後悔しているのが、kskにしまじろうとアンパンマンのDVDを観せてしまったこと。

しまじろうは、こどもちゃれんじの付録として付いて来たDVDを、kskがえらく気に入っていたので、市販している「うたはともだち」シリーズのDVDを購入。アンパンマンは、たまたまオモチャ屋さんで流れていた、「アンパンマン体操」にkskが大興奮していたので、後日そのDVDのシリーズを買ったのでした。

kskはしまじろうとアンパンマンは大のお気に入りで、絵本でもぬいぐるみでも、この2つのキャラ系のものなら、何でも好きみたい。それはそれでいいのですが、最近では保育園から帰宅するや否や、「DVD観せて~っ。」とせがむのです。このせがみ方が凄い。「アンパンマン、アンパンマン。」とつぶやきながら、TV台からDVDを引っ張り出し、私のところに持って来て、また「アンパンマン、アンパンマンっ(しまじろうでも何故かアンパンマン)。」と大声でPR。私がDVDをセットしようとしなければ、大泣きしてごり押しするか、時には自らDVDを持って、プレイヤーのOPENボタンを自分で押して、DVD盤をのせようとしたり、TVのリモコンを探して、何とかかからないかスイッチをあちこち触ったり。とにかくすごい執念。1回観て満足してくれれば、観せ惜しみはしないのですが、とにかく何回でも観たがるもんできりがない。小さいうちは特に、TVを観せること自体手放しでは賛成していないし、眼や健康にも良くないもんね。しまじろうだってDVDの冒頭で、「テレビは離れて観ましょうね~っ。」と歌っているよ~。kskがここまで観たがるとわかっていたら、DVD買わなかったかも。

今は、人に迷惑をかけること以外であれば、好きなことは自由にさせてやりたいのですが、こればっかりは我慢させないといかないにゃ~。

写真:しまじろう鑑賞中。何故か立ち見。

c0214449_022312.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 00:23 | 育児

初めてのふて寝

いやいやびっくりしました。
夕方、延長保育の預かり時間ぎりぎりの19:00直前に保育園に到着。お迎えが遅くなると、kskのご機嫌が悪くなるもんで、あわててお部屋に飛び込むと、いつもと違う様子。先生にへばりついていることの多い彼が、何やらおともだちと楽しそうにしているではないの。まだ同年代の赤ちゃんや子供ちゃんに興味を示すには早く、時々「おうっ、おうっ。」と意味不明の声をかけたり、少しじゃれたりする程度だったので、おともだちと3人で固まって、ハイタッチをしていたので、かなりびっくり。「へぇ~、息子よ、君もいよいよおともだちがわかる様になって来たのか。」と妙に感心してしまった。

あまりに楽しそうにしていたので、引き離して連れて帰るのが何だかかわいそうに思っていたら、抱っこした途端、烈火のごとくの大泣き。いつもは「ママと一緒に帰るの嬉しい」オーラが一杯なので、何ごとかと思ったら、もっとおともだちと一緒に遊びたかったみたい。といっても、ずっと帰らないわけにもいかないもんで、何とかオーバーを着せ、靴下と靴を履かせ、帽子もかぶらせて、何とか自転車まで連れて行ったものの、泣きながら座椅子を蹴飛ばすので、座らせることが出来ない。嫌がる息子と、座らせようとする母で格闘すること15分。やっとのことで座らせて、ベルトを着装したものの、暴れまくる彼を乗せたまま自転車をこぐのは無理なので、彼を押さえ込み、押しながら何とか家にたどり着いたのでした。

家に帰ってからも泣き止まず、困った困った困った。抱きしめても、ちゅ~しても、いやいやするので、最終手段で「アンパンマン体操のDVD」をみせると、やっと泣きやんでくれました。しばらく抱っこしたままビデオを観ていたら、機嫌も直った様子。その間にご飯の用意をしようと少しその場を離れて戻って来たら、泣き疲れて眠ってしまってるでないか。ご飯も食べずにふて寝するほど、おともだちともっと遊びたかったのね。

保育園の先生は、「おともだちをちゃんと認識するにはまだ早いんですけどねぇ。」とおっしゃっていたものの、顔なじみのお母さんは、「うちの上の子も、おともだちとまだまだ遊びたくて、お迎えの時にしょっちゅう泣いてましたよ~。」とのこと。しかし、これまでkskはどちらかというと、保育園に行くのを嫌がっている風だったので、大泣きして、ふて寝するくらい、おともだちと保育園を楽しんでいるというのは、それはそれで良かった気がする。ただ、毎日これをやられると、母は身がもたないよぉ。

写真:kskふて寝中。

c0214449_2121890.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-02 21:33 | 育児

共倒れ

kskが風邪で保育園を早退した翌日は、母が実家から来て1日お世話をしてくれました。1日お熱が上がったり下がったり。不安なのか、起きている間は抱っこされていないと泣いてしまい、母に1日中べったりちゃんだったとのこと。風邪の診断を受けていたものの、インフルエンザは感染してから24時間以上経たないと陽性反応が出ない可能性もあるとのことだったので、会社から戻ってもう1度小児科に連れて行きました。結局やはり風邪とのこと。ホッとしながらも、39℃台のお熱が続いているのに、薬を飲ます以外に何も出来ないので、益々不安。

と思いながら、実は私自身も2~3日前から調子が冴えず、小児科の先生に「私も診て頂くわけには、いきませんよね?」と一応聞いてみたものの、やっぱりだめだって。インフルエンザや風邪で、小児科は大繁盛。その時点で診察時間を2時間も越えていたので、それに加えて大人は無理か。

ボロボロになりながら、ようやく帰宅。kskは疲れ果ててぐっすり眠ってしまったけれど、私は変な咳が止まらなくなってしまい、熱も38℃台、およよぉ~。結局、kskと私は共倒れ。翌日は会社を休んでkskと養生することに。自分がフラフラ状態のところに、kskも体調が悪くご機嫌斜め。風邪ひき親子で修羅場な1日を過ごしたのでした。健康が大事ですね。

写真:CELESTIAL SEASONINGSのHoliday Tes「gingerbread spice」発汗性のある生姜入りでしかもカフェインフリーなので、風邪にはぴったりでした。

c0214449_1627860.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-31 11:33 | 育児

保育園からのお呼び出し

昨夕から、kskのお熱が高め。37度台が続いていたものの、ご機嫌もそれほど悪くはなく、食欲もモリモリ。今朝の登園が心配でしたが、元気一杯だったので、保育園に連れて行くことにしました。

kskを見送って、会社に着いてからも、「ksk大丈夫かなぁ~。」「お熱が上がっていないかなぁ~。」と気になり、心配していたのですが、もう大丈夫かな?と、気を抜いた昼過ぎ、保育園の担任の先生から電話がありました。「お熱が39.3℃まで上がったので、迎えに来て頂けませんか?」とのこと。幸い午後からは会議も入っていなかったので、急ぎの件だけ片付けて会社を出ることにしました。帰宅する旨を繰グループの皆なに伝えたら、口々に「息子さん大丈夫ですか?」とか「大変ですね。」と声をかけてくれた。しかし、kskが保育園に通い出した4月から、kskの急な発熱で会社を早めに出たのも数回じゃ効かないもんで、さすがに心苦しい限り。

保育園からの容赦ないお呼び出しがかかった時の対応には、毎度ながら苦心する。仕事の都合がつきにくければ、先生にkskの状況を確認して、お熱が38℃台以下で元気と食欲があれば、サポートセンターのシッターさんにお願いし、夕方できる限り早めにシッターさんのお宅に迎えに行く様にしている。勿論パパさんが都合がつけば行ってくれることもある。39℃台の場合は、仕事が相当忙しかったり会議が入っていてもキャンセルして何とか自分で迎えに行くようにしているのですが、やはり、kskがしんどい時には本当はいつでも一緒にいてあげたいもの。仕事を持っての子育て、こんな時にそばにいてやれないのが一番辛いもんです。

kskの体調ですが、小児科では風邪とのこと。お熱はまだ高いのですが、疲れきったのか今はぐっすりおねんね。明日は朝から実家の母が助けに来てくれることになっていますが、こうやって周りの助けや理解があるからこそ何とかやって来れています。
[PR]
by kskmama | 2009-10-28 22:56 | 育児