夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

2010年 03月 11日 ( 1 )

kskpapa、今週はお仕事でスペインに行っている。小さいながらもパパがいないのがkskにもちゃんとわかっているらしく、「パパぁ~。」と言いながらお部屋をキョロキョロしたり、少し不安げな様子。パパのいない週は、ママと2人でしっぽり過ごすので、いつものお調子者ぶりも少しテンションが下がるみたい。それでも最近は、パパが1週間位で帰ってくることもちゃんとわかっている様なので、本格的に落ち込むことはないけれど、彼なりに色んなことを感じ、健気に考えているんだな。

それにしても、1週間の母子家庭生活は、私にとっても相当負担が大きい(私の場合は精神的というより肉体的な問題が大だけど)。一見、パパさんの仕事は毎晩のkskのお風呂だけがルーチンワークの様に見えるけど、kskと戯れてくれたり、寝かしつけてくれたりと、日々大活躍してくれているんだなと、しみじみ。

こんな週に限って、私も何だかんだ仕事の用事が入っており、東京出張なんかもあるということで、実家の母に週の半ば来てもらうことになった。

kskはおばあちゃんが大好き。ちゃんと「ばぁ~ちゃん」と呼べるし、おうちに来ていない時でも、時々思い出すのか「ばぁ~ちゃん」と、ポツリと呟いたりしている。おばあちゃんが帰ってしまった後には、洗濯物の中からおばあちゃんのパジャマを探し当て、ぎゅっと抱きしめながら「ばぁ~ちゃん」と言ってることもあった。母が手伝いに来てくれると、kskが本当に喜ぶので、そういう意味でも本当に有難い。

東京出張の朝、保育園にkskを送って行くと、何故かksk、突然お友達のパパに向かって、「しんかんせん」と話かけていた。む、む、むっ?もしかしてママが新幹線に乗ることもわかっていたの?ちっちゃな頭の中で、本当に色んなことを考えているし、ちゃんと理解していると思うと、何だか益々愛しくなってしまうのでした。

東京から戻ってきたら、ksk既におねんね。「kskが、ママしんかんせんって言っていたよ。」と、母から聞いてびっくり。やっぱりママが新幹線に乗ってお出かけしていたのがわかっていたのね。凄いよ、君。
c0214449_0363360.jpg

[PR]
by kskmama | 2010-03-11 00:35 | 仕事