夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

2009年 11月 09日 ( 3 )

新曲披露

kskは歌が好き。
しまじろうの歌がうたえるのは以前のエントリーでも書いたけど、いつもご機嫌さんの時には「あっ、うぉ~、おっおっ♪」と、何やら自作の歌をよく歌う。「どこからこんなメロディが出てくるのかなぁ~?」と、不思議でまた微笑ましく感じています。今晩も「うおっ、うおっ、あっ、あっ、えっ、いえっ、うあぁ~♪」と太鼓を叩きながら機嫌よく歌っているなと思っていたら、コレってどこかで聴き覚えのあるメロディではないの。そう、確かに「きらきら星(ABCの歌)」なのです。最初の部分だけなのですが、何度か繰り返し歌ってくれました。息子よ、相変わらず君には驚かされるよ。パパとママが「凄いっ、凄いっ。」とほめまくっていると、益々喜んで歌ってくれました。

話は変わって、保育園のお話。kskの通う保育園では、季節ごとにイベントを準備(最近は新型インフルエンザの影響で、イベントがことごとく中止になっていますが)してくれます。夕方kskをお迎えに行くと、マザーズバッグの中に七五三のお祝いの千歳飴の袋が入っていました。もちろん保育園からのプレゼント。先生方の心遣いですが、とっても嬉しい。家に帰って早速中を開けてみると、アンパンマンのクッキーやラムネ等のお菓子が沢山入っていました。kskは目ざとくアンパンマンクッキーを発見し。「ど~ぞ。」「ど~ぞ。」と言いながら他のお菓子を私に手渡ししてくれ、アンパンマンだけは、自分でしっかり確保。袋を差し出して開けて開けてをするので、根負けして食べさせてしまった。そこまでアンパンマンが好きなのね。

c0214449_2343993.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 23:15 | 育児

双龍居

会社の決起大会で中華料理を食べに行った。
日本一長い天神橋商店街のメインストリートをちょっと横道に入った所にある「双龍居」。多くの雑誌やグルメブロガーさんに大絶賛されている有名店。北京出身の愉快な親父さんが作る、中国で食べる中華料理の味のマーボー豆腐や炒飯が絶品。このお店、時々利用するので親父さんとは顔見知り。いつも「ヨクキタネ~。イツモアリガト~ネ~。」と温かく迎えてくれる。一緒に行ったのは総勢11名。お料理が美味しいのと、味の辛い系が多かったので、皆な大汗をかきながら、食べて・飲んで・食べて、大いに盛り上がりました。

場所的にはちょっと不便でディープな感じなのですが、美味しくて安くて、1度訪れると、また必ず行きたくなるお店です。

お店情報:
双龍居
大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1F

c0214449_238106.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 22:24 | おいしいもの

熱いっ。

最近は、kskが自力でご飯を食べれる様になって来た。まだスプーンやフォークを上手く使えないので、殆ど手づかみ状態で、食べているうちにご飯やおかずまみれになっているし、お皿なんかもひっくり返したりもするから、後片付けが大変。でも自分で食べることに満足している様子だし、自主性は大事にしてやりたいので、好きな様に食べさせるつもり。今晩も、kskを真ん中にして、親子3人並んでご飯を食べました。

食べだしてしばらくすると、kskから「おうっ、おうっ。」と何やら指示が入った。どうもミネストローネに入っているマカロニがもっと欲しいということらしい。ハロウィーン用に購入していた「クモ」や「魔女」や「カボチャ」の形をしたマカロニの触感が気に入った様子。はげしく催促するので、まだ熱いかなと思いながらも、追加のマカロニを入れてあげると、kskはとても嬉しそうにお皿に手を伸ばしました。するとナント、「あついっ。」と言って手を引っ込めるではないの。これまでのおしゃべりは名詞ばかりだったので、初の形容詞。その後も「あついっ。」と言いながら、マカロニを美味しそうに食べとりました。いやいや、驚いた。

最近は、何かにつけて「アンパンマン」とつぶやき、単語が増えないなぁ~っと、思っていたのですが、言葉に出なくても、きっと色んなことを考えているのね。次は食事中に「おいしいっ。」なんて言ってくれたら、ママはお料理をするのが、もっともっと楽しくなるゾ。

写真:kskのおやつ用に作ったおからマフィン。「おいしいっ。」は出るか?

c0214449_0463426.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-09 00:48 | 育児