夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

2009年 11月 06日 ( 2 )

やっちゃいました。

夕方保育園にkskをお迎えに行った際、担任の先生と少しお話した。
いつも朝はバタバタで、先生とゆっくりと話の出来る余裕がはないし、夕方はいつも延長保育なので、担任の先生と顔を合わせること自体あんまりない。なので、意外と普段は担任の先生方(4名)と、必要以上のことを話す機会がないのです。

先生の話によると、kskは保育園でもやんちゃぶりを発揮しているらしい。保育園の大型ベビーカーに乗せてもらうと、お外に行けるとわかり、体一杯で喜びを表現したり、公園にお散歩へ行けば、大型遊具や大きな階段を登ろうとしたり、滑り台を滑ったり、自分でグングン何でも挑戦。部屋中の引き出しを全部開けようとしたり。先生方は大変なはずなのに、「元気に保育園を楽しんでくれて、こちらも嬉しいですよ。」と言って下さった。毎日の連絡帳には、その日kskがどの様に過ごしたかを書いて頂いているのですが、直接先生のお話を伺うと、凄く安心出来るものですね。

それにしても、家での彼を見ていると、やんちゃが過ぎて心配になることも。先日もオモチャの木製トンカチで、リビングのドアのガラス部分を何度も叩き、とうとうひびを入れちゃいました。トホホ。あまりに元気の度が過ぎて、保育園で器物破損なんてことにならないといいのですが。

写真:見事にひびが入りました。

c0214449_22272911.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 22:31 | 育児

DVDに夢中

今とっても後悔しているのが、kskにしまじろうとアンパンマンのDVDを観せてしまったこと。

しまじろうは、こどもちゃれんじの付録として付いて来たDVDを、kskがえらく気に入っていたので、市販している「うたはともだち」シリーズのDVDを購入。アンパンマンは、たまたまオモチャ屋さんで流れていた、「アンパンマン体操」にkskが大興奮していたので、後日そのDVDのシリーズを買ったのでした。

kskはしまじろうとアンパンマンは大のお気に入りで、絵本でもぬいぐるみでも、この2つのキャラ系のものなら、何でも好きみたい。それはそれでいいのですが、最近では保育園から帰宅するや否や、「DVD観せて~っ。」とせがむのです。このせがみ方が凄い。「アンパンマン、アンパンマン。」とつぶやきながら、TV台からDVDを引っ張り出し、私のところに持って来て、また「アンパンマン、アンパンマンっ(しまじろうでも何故かアンパンマン)。」と大声でPR。私がDVDをセットしようとしなければ、大泣きしてごり押しするか、時には自らDVDを持って、プレイヤーのOPENボタンを自分で押して、DVD盤をのせようとしたり、TVのリモコンを探して、何とかかからないかスイッチをあちこち触ったり。とにかくすごい執念。1回観て満足してくれれば、観せ惜しみはしないのですが、とにかく何回でも観たがるもんできりがない。小さいうちは特に、TVを観せること自体手放しでは賛成していないし、眼や健康にも良くないもんね。しまじろうだってDVDの冒頭で、「テレビは離れて観ましょうね~っ。」と歌っているよ~。kskがここまで観たがるとわかっていたら、DVD買わなかったかも。

今は、人に迷惑をかけること以外であれば、好きなことは自由にさせてやりたいのですが、こればっかりは我慢させないといかないにゃ~。

写真:しまじろう鑑賞中。何故か立ち見。

c0214449_022312.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-06 00:23 | 育児