夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

2009年 10月 21日 ( 2 )

お歌がうたえるよ♪

kskは音楽が大好き。
保育園の先生も、「kちゃんはお歌が好きですね。」と時々おっしゃる。音楽がかかると体全体で音頭を取ったり、体をゆすってダンスをよくするそう。おうちでも「ダレっ(=アレ)」と指差しながら、CDのスイッチを入れる様指示したり、大好きなアンパンマン体操のDVDを流すと両手でゴーゴーしながら「あっ、あっ。」と声を出して、激しいダンスを披露してくれる。それだけでも「赤ちゃんのくせに凄いなぁ~。」っと、我が息子ながら感心していたら、なんと歌までうたい出した。

kskが1歳になったのを機に「こどもちゃれんじ・ぷち」(ベネッセの教材)を申し込んだら、準備号として、しまじろうのパペットや、音の出るコンパクト、DVDや絵本やらがたんまり送られて来た。そのDVDとコンパクトと絵本の中に、「歌を聴きながら歯磨きを覚えよう~」みたいなコンセプトのコーナーで、「あけっこあ~、あっ、あっ、あ~・・・」という、覚えやすい歌詞とリズムの歌がある。kskはこの曲がかなりお気に入りだったもんで、しょっちゅうDVDやコンパクトから流れて来る音楽に合わせたり、絵本を見ながら歌っていたら、突然kskが「あっ、あっ、あ~で、できた。」と、歌詞のさびの部分を何度も繰り返し歌い出したのです。まだ言葉も、そんなに単語量が増えていないので、歌うなんてもっともっと先の話だと思ってた。なので喜ぶ前に心底ビックリ。パパさんも驚きを通り越して大笑い。ksk只今1歳1ヶ月、こんな楽しい変化球が来るとは思っていなかった。こうやって、日々成長しているんですね。また一緒に歌おうね♪

c0214449_2251946.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-21 23:00 | 育児

ベビーベッドは必要?

息子が生まれる前、東京に住む妹がベビー用品やお洋服を大量に送ってくれた。その中のひとつがベビーベッド。新品の「ソレイアード」(SOULEIADO)のステキなベッドカバーのセットも譲ってくれた。ブルーのプティット・フルール・デ・シャンの柄は、ちょうど生まれてくる赤ちゃんのために準備していたお部屋でも揃えていた柄だったので、大感激でした。

ベッドの配置は、パパさんと散々考えた末に、我々の寝室に置くことに決定。そしてkskが生まれてから、夜はこのベッドにお寝んねさせました。ところが、この中で寝てくれたのは最初の数ヶ月だけ。あとはパパママと一緒に文字通り、親子で川の字になって寝る羽目に。どうもベビーベッドの中でひとりにされるのが気に食わない様子。私としても、kskの横で赤ちゃん特有のいい匂いをクンクンかいでいるととても幸せな気分で眠れるので、いつの間にか川の字での睡眠スタイルが我が家の定番になってしまった。

結局、こんなにかわいいベビーベッドが、単なるインテリアになった状態。使わなきゃもったいない様な。しかし、我が家のベッドのサイズを考えると、このスタイルを続けられるのもせいぜい後1~2年が限界。しばらくはこのまま親子で寝るのもいいかもね
c0214449_020134.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-21 00:20 | 子供用品