夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー

2009年 10月 08日 ( 4 )

自転車登園

息子の保育園には幾つか規則がある。そのひとつが「ベビーカー登園禁止」。
要は送りに来た保護者が、出勤前だから等の理由でベビーカーを置いて行ってはならないということなのです。

我が家から保育園は徒歩5分程。登園路もマンションの敷地内なので、送迎が苦になるほどの距離ではないのだけど、まだ一人でスタスタとは歩けない息子を連れてとなると、なかなか大変なのです。これまでは首からスリングでぶら下げて登下園していたものの、体重が10キロにもなると、だんだん苦痛になって来たもんで、1歳を目前にして8月にとうとう自転車デビューを果たしたのでした。

正直なところ、自分がママちゃりに子供を乗せてこぐ日が来るなんて思ってもみなかった。世間のお母さんは、あんな格好でそこまで頑張らなくても、抱っこしたり、ベビーカーに乗せたり、手をつないで歩けばいいじゃないと思っていたのですが、皆なが皆な好きで自転車に乗っている訳ではないことに気付きました。とにかく自転車に乗せると楽なもんで、中には仕方なく自転車という人もいるんだろうな。

しかし、いざ息子と自転車の2人乗りを始めると、と「こんな格好をしてまで子育てに懸命な自分って、案外カッコイイ~。」なんて思う様になった。そう、世間の頑張っているお母さんたちは、本当は偉いんです。そして凄いんです。カッコイイのです。

私と息子の愛車は、ハンドルの所にベビーちゃん用の座席が装着されている。私が運転する際に、kskがまん前にちょこんと座っている格好になる。この格好での運転が、予想を超えてかなり大変。普段見かける2人乗りや三人乗りのお母さんたちは、爽やかに、軽やかに子供たちを乗せて運転している様に見えたもんですが、いざ自分がやってみると、相当なテクニックを要することがわかりました。その上保育園や仕事の荷物や買い物袋を積んでいると、特に乗り降りする時なんかは泣きたくなる位(注:実際荷物が多いのに駐輪場が一杯でkskが大泣きし出して自分まで半泣きになったことがある)。子供を2人乗せているお母さんも良く見かけるけど、凄い、凄すぎます。

なかなか大変な自転車登園だけど、それでも抱っこして連れて行くより随分楽チン。それに保育園から会社まで、これまでは地下鉄通勤だったけど、そのまま自転車で行っちゃう様になりました。通勤時間は約15分、時間の短縮やちょっとした運動にもなるし、何より息子が自転車に乗るのが大好き。自転車登園、体力勝負の日々はまだまだ続きます。

(写真:我々親子の愛車)


c0214449_22504591.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:31 | 育児

台風の朝

今朝kskと保育園に行ったら、なんとお休みでした~っ。
そう、台風18号の影響で、大雨警報が出ていたため、小学校・幼稚園・保育園皆なお休み。先生に「昨日の下園時に連絡したじゃないですか。」と言われたものの、昨日はサポートセンターの方にお迎えをお願いしていたので、知らなかったよ。どおりて、部屋に入る前にすれ違った先生が困った顔で、のこのことやって来た我々親子を見ていたはずだ。

しかし困った、急に休みと言われても(私が勝手に急だと思っただけだけど)これから仕事。急遽、いつもkskのシッターをして下さっているサポートセンターの方にお願いしたら、「1日預かるの、大丈夫ですよ。」と引き受けて下さった。ということで、息子は2日連続ここのおうちで預かって頂くことに。ああぁぁ、本当に助かった。

息子よ、こんなおバカな母で本当にごめんね。せめてもの救いは1日楽しく過ごした様で、仕事の後に迎えに行くと、上機嫌で帰って来たことかな。以後台風の日は気を付けます。
[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:06 | 育児

トミカのトラクター

トミカの赤いトラクター。kskは中身より箱がお気に入りの様子。
非売品です。

c0214449_22485435.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 22:06 | 子供用品

First Shoes

息子がひょこひょこと歩く様になり、9月には靴が必要になりました。
出産のお祝いに13cmの靴を頂いていたので履かせてみたのですが、何だか歩きにくそう。ちょうどその頃パパさんがヨーロッパ出張のお土産にフランスの男の子らしいのにかわいい靴を2足買って来てくれたので早速試してみたものの、やっぱり何だか不安定。kskもヨタヨタ何だか不安気な様子。確かにサイズは合っている感じなので、どうしたものやらと相談し、結局プロに聞いてみようと、売り場が移動して新しくなった阪急百貨店本店の子供靴売り場に行ってみた。驚いたことに、店員さんに相談するのは順番待ち。リストに名前を書いてもらい呼ばれるのを待ちました。

併設の子供用テーブルに置いてある木のおもちゃに興味を持ったkskは、パパさんと一緒に熱心に遊びながら待っていてくれたので、私はどんなお靴があるのか物色。小さな小さな靴なのに、大人用のデザインをそのまんま小さくした様なものだったり、履くのがもったいない様な細かなつくりのものだったりで、見ているだけで心がメルヘン。

kskを担当して下さったベテランっぽい中年のおば様店員さんは、ちっちゃな王様が座る様なソファーにkskを座らせてくれ、王様の家来の様な格好でちゃっちゃな足のサイズを測ってくれました。これまでkskに履かせていた靴が歩きにくそうだったのは、お祝いに頂いたNIKEの靴は実際のサイズがかなり大きいということがわかったり、フランスの靴も裏底が硬すぎるとのこと。赤ちゃんが初めて履く靴は、裏底がやわらかい方が歩きやすいそうです。いやいや、何も知らなかったよ。

そしてkskの12.7cmの足に選んでくれたFirast Shoesは、「portierra」という、やわらかくて弾力性があって、軽い風合いの皮の靴。1万円近いお値段で、ちょっと高いかなと思ったのですが、小人さんのお靴みたいなかわいいお靴を履いて、「ちゃぁ~」とか叫びながらヨチヨチと歩くkskの姿を見ていると、コレを買って良かったなぁとしみじみ思っとります。

(写真:9月中旬から随分履きこんだので、こうしてみると結構使用感ありますね。)
c0214449_014177.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-08 00:25 | 子供用品