夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イヤイヤ、オムツ替え。

kskの保育園の送り迎えは、基本は私の任務。仕事で早く出社しなきゃいけない時や出張の時だけは、パパさんが代わって行ってくれている。迎えは、週に1回はサポートセンターのシッターさんにお迎えをお願いしており、会社帰りに、シッターさん宅で遊ばせて頂いている(晩ご飯と時々お風呂付)kskを迎えに行くというのがパターンになっている。

登園・下園で何が大変か?時間との戦いというのは私に限らず働くかぁちゃんにとっては仕方のないこと。kskの場合、保育園に到着してから、自宅からはいて来た紙オムツを、園のレンタル布オムツに履き替えさせるのに一苦労している。

元々オムツ替えが嫌いなkskは、自宅でも多少暴れるものの、園での履き替えは、周りのパパやママが気の毒がる程。ちなみに今朝は会社で役員会での報告という任務もあったもんで、あせりはピーク状態。「お願いだから、言うこと聞いてくれぇ~っ。」とおもわず叫んでしまいました。今朝はまだ良いほうで、先日なんて生憎おむつ台が空いてなかったもんで、床のマットレスの上で履き替えさせていたら、案の定kskが大暴れ。知らん人が見たら虐待してると思われるんじゃなかろうかと思う位。トホっ。泣き叫びながら逃げようとするkskを押さえて、何とか着替えさせたもの、自分のストッキングがビリビリ。しかも黒のストッキングだったもんで、足だけ見ると、何か凄い事件にでも巻き込まれた?みたいな感じ。しかし出勤時間が迫っていたのでそのまま出社。ホントにトホホっな感じでした。

kskの場合、特にひどいのかもしれないけど、オムツ替えをイヤイヤする子って多いみたい。しかし、毎朝オムツ替えに10分近く格闘する我々親子って、何だかなぁ。


登園時、愛車にまたがるksk。
c0214449_2247176.jpg

[PR]
by kskmama | 2010-03-01 22:47 | 育児