夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

結婚式に出席

結婚式に出席して来ました。お仕事の関係でお取引先の結婚式にご招待頂いたのは、初めてのこと。何だか自分も歳をとったなぁ~としみじみ感じてしまった。

披露宴が行われたのは、とある地方都市で新郎さんの故郷とのこと。普段はあまりゆかりのない場所で、学生時代の旅行以来、ひさかたぶりの訪問でした。地方の式というと、かなり派手なイメージがあったのですが、予想通り招待客が100名を超える大披露宴。お色直しも3回で、なかなか華やかなパーティーでした。

驚いたのは新郎側の主賓さんの挨拶。「人と人との出会いというのは奇跡的な確率でおこるもので、この地に生まれた新郎さんが、新婦さんとめぐり合えるなんて、奇跡に近いこと、、、うんぬん、、、うんぬん。」と、とても感動するお話だったのですが、何か聞いたことあるぞ、この話。松嶋奈々子と堤真一の10年ほど前のTVドラマ「やまとなでしこ」で、堤真一演じる欧介さんがボストンのご学友の結婚式で贈ったスピーチとほぼ同じでないの。まぁ、いいか。私も感動したのには間違いないから。

お仕事のつながりということで、正直新婦さんの生い立ちとか人柄とか、あまり詳しくしらなかったのですが、とても素晴らしいご家族の中で育ったこと、そしてとても強い家族の絆で結ばれていることを初めて知り、何だかとても温かい気持ちにさせてもらいました。

それにしても、kskがどんなに早く結婚してくれても、その頃私は既にアラ還。下手するとアラ古希、アラ喜寿?なんとか私がアラ古希世代になるまでに、一緒にいて幸せでいられる人を見付け、新しい家族を作って欲しいものです。成長して巣立っていくkskのことを考えると、かなり淋しいけどね。

写真:会場のイルミネーション

c0214449_0495933.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-11-08 00:50 | 生活