夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イタリアンデビュー

以前勤めていた会社の同期、アイちゃんとランチをしました。本当は4歳の息子ちゃんとご主人と、我々親子の6人でランチということになっていたのですが、息子ちゃんが熱を出してしまい、友達と私とkskの3人でのランチとなりました。

kskが生まれる前は、子供のいる友人たちの話を聞いていると、本当に羨ましく、自分は親になれる日が来るのだろうかと不安に感じることもありました。でも今は友達と育児の話をするのがとても楽しい。そして先輩ママさんの経験談がとても役に立っているのです。

お店はアイちゃんの予約してくれたイタリアン。記憶にある限り、イタリアンの店に入るのは出産してからは初めて。ということはkskは初のイタリアン。kskと一緒だと、どうしても座敷系とかビュッフェとかになってしまうのですよね。ベビーカーで入ると迷惑そうな顔をされるんじゃないか、気が気じゃない。これだけ少子化対策って言われているのだから、もう少し子連れでも入りやすくて、ママたちがゆっくり食べられる様なお店が増えてもいいんじゃないかと思う。

kskはママとお友達と同じテーブルでお食事するスタイルが結構気に入った様で、とてもいい子ちゃんに食事を始めてくれました。私のお皿から、フォークで短くしたサツマイモのクリームパスタをもらい、美味しそうに食べてくれ、気が付けばサラダと食後のデザートはひとりで全部平らげてしまったではないか。あまりのkskの食欲に唖然。

kskは何でも自分でやりたがり、食事も自力でガンガン食べるのです。その分汚れもひどくなるので掃除が大変なのですが、自主性を育てたいので好きなようにさせてやりたいと思っています。しかし、kskが赤ちゃんなのに、あまりにも自分の意思がはっきりしていると、4歳児のママさんであるアイちゃんの眼にも映ったそうだ。「将来が楽しみね~。」なんて言ってくれたけど、良い部分を上手く引き出して、良い意味で前向きな子供に育って欲しいなと思う。

しかし、kskがスプーンや素手で食い散らした結果、床は食べくずだらけ。「汚しちゃってごめんなさい。」と、kskと一緒に誤ってレストランを後にしたのでした。お店のかた、本当にごめんなさい。

(写真:おやつに食べたパン。素朴な味でした。)

c0214449_054963.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-13 00:16 | 生活