夫婦で米国留学後、息子のKSKを高齢出産しました。老体に鞭打ち、日々育児と仕事に励むワーキングマザーです。


by kskmama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

まついのりこ「あかちゃんのほん」

kskにはまだふにゃふにゃの赤ちゃんだった頃から絵本を読んで
聞かせている。

そもそも私も小さい頃から本を読むのが好きだし、パパさんもジャンルは
全く違うけれど、本の虫。だから我が家はいつか床が抜けないか心配になる
くらいの蔵書量。

読み聞かせ効果か、DNAなのだかわからないけど、kskは絵本が大好き。
「ダレッ(どうも、アレと言う意味らしい)。」と指差しながら、読んで欲しい本を
指示したり、部屋の隅っこで自分で絵本をぺらぺらめくっていたり(その本が
上下逆の場合もある)、毎日の様に絵本を読んでいます。

ふにゃふにゃ時代からの1番のお気に入りは、まついのりこさんの「あかちゃん
のほん②
」。「じゃぁじゃぁびりびり」「ばいばい」「みんなでね」の3冊がセットに
なったシリーズです。

この本は、内容が良いのは勿論、装丁が赤ちゃんぴったり仕様という、かなり
優れもの。赤ちゃんは絵本を引っ張ったり、破いたり、舐めたりするので、
ふにゃふにゃ時代には、絵本はまだおもちゃ感覚なのですね。だから厚手の紙・
防水加工のこの本はとても有難い。また赤等のはっきりした鮮やかな色が、また
赤ちゃんの興味を惹く様です。本当に赤ちゃんが完璧にはまってしまう絵本です。
またパターンの決まった言葉遊びの様なストーリーは、リズム感があって、
赤ちゃんにウケウケ。うちのkskもすっかりとりこ。

出産間もなくお祝いとして友達に頂いてから、これまでに100回以上は読んで
います。本当にステキなお祝いを頂きました。
c0214449_251187.jpg

[PR]
by kskmama | 2009-10-04 02:04 | 絵本